Polyspace Bug Finder

静的解析によるソフトウェアのバグの特定

静的自動解析

C/C++ のランタイム エラー、同時実行問題、コーディングの欠陥を含む数百種類のバグを検出します。

コーディング ルール

MISRA C、MISRA C++、JSF++、およびカスタムのルール準拠を適用します。

セキュリティ標準

CWE、CERT-C、ISO/IEC 17961や、その他のセキュリティ脆弱性と標準についてチェックします。

コード メトリクス

プロジェクト、ファイル、および関数の各レベルで、循環的複雑度、スタック使用量、HIS メトリクスなどのメトリクスを収集します。

製品機能

開発の初期段階でバグを発見

コードの記述または修正と同時に欠陥を特定します。

認定要件への適合

ISO 26262、DO-178、IEC 61508、EN 50128、FDA、その他に準拠。

複雑なバグの根本原因の発見

イベント トレース、変数、呼び出しツリーを備えたデバッガーに似たビューでコードを表示できます。

マルチスレッド コードのチェック

データ レース、デッドロック、ダブル ロック、ロックの欠落、その他の問題を検出します。

Simulink モデルへのコード解析のトレース

生成されたコードの結果をソース モデル ブロックへトレースします。

セキュリティ要件への適合

CERT C、ISO 17961、MISRA C:2012 Amendment、および CWE に準拠します。

ソフトウェア品質目標の設定および測定

ソフトウェア チームのコラボレーションとプロジェクトのマイルストーン測定のためにパス/失敗の品質しきい値を定義します。

任意のランタイム環境向けに構成可能

任意のコンパイラ、ターゲット プロセッサ、RTOS 環境、および継続的インテグレーション システムに統合することができます。

Polyspace Bug Finder の使用

その他のPolyspace Bug Finderツールボックス リソース