Polyspace Bug Finder

静的解析を使用したソフトウェアのバグの特定

Polyspace Bug Finder™ は、C および C++ 組み込みソフトウェアのランタイムエラー、同時実行の問題、セキュリティ脆弱性およびその他の欠陥を特定します。Polyspace Bug Finder はセマンティック解析を含む静的解析を使用して、ソフトウェアの制御、データフローおよび手続き間の動作を解析します。欠陥を検出して直ちに強調表示することにより、開発プロセスの初期段階でバグを重大度により順位付けし、修正することができます。

Polyspace Bug Finder は、MISRA C®、MISRA C++、JSF++、CERT® C、CERT® C++、およびカスタム命名規則などのコーディングルール規約への準拠をチェックします。また、検出されたバグ、コードルール違反および循環的複雑度などのコード品質メトリクスが含まれるレポートを生成します。Polyspace Bug Finder を Eclipse™ IDE とともに使用して、デスクトップのコードを解析できます。

自動的に生成されたコードの場合、Polyspace による解析結果を Simulink® モデルおよび dSPACE® TargetLink® ブロックまで遡って追跡することができます。

IEC Certification Kit (ISO 26262 および IEC 61508 用) および DO Qualification Kit (DO-178 用) を通じて、業界標準のサポートが可能です。

開発の初期段階でバグを発見

コードの記述または修正と同時に数多くの種類のバグを特定します。

複雑なバグの根本原因の発見

イベント 追跡、変数、呼び出しツリーを備えたデバッガーに似たビューでコードを表示できます。

独自のナビゲーションパスを作成。

Simulink モデルへのコード解析の追跡

生成されたコードの解析を実行し、ソースモデルブロックへの検証結果を追跡します。

モデルへのコード解析を追跡。

任意のランタイム環境向けに設定可能

Polyspace Bug Finder を任意のコンパイラ、ターゲットプロセッサ、および RTOS 環境に統合することができます。

ターゲットオプションおよびコンパイラオプションを設定。

コードを安全かつセキュアにする

業界標準と照合して品質を追跡します。

コーディングルールと認証要件に準拠

MISRA C、MISRA C++、AUTOSAR C++14、JSF++、およびカスタムのルール準拠を適用します。ISO 26262、DO-178、IEC 61508、EN 50128、IEC 62304、その他に準拠します。

機能安全規格に準拠。

セキュリティ要件への適合

CERT C/C++、ISO 17961、MISRA C:2012 (改訂 1) に準拠します。

コーディングルールのチェック方法を設定。

プロジェクトのソフトウェア品質を監視

解析結果を品質のしきい値と比較して、ソフトウェアチームが共同作業を容易に行い、プロジェクトのマイルストーンを監視できるようにします。

検証結果をフィルタリング。

Polyspace Bug Finder Server によるコード解析の自動化

コード変更の解析を早期かつ頻繁に実行することで、継続的な統合を可能にします。

統合ビルドを解析

Jenkins や Bamboo などのビルド自動化ツールによって、Polyspace Bug Finder Server™ の静的解析エンジンをサーバークラスのマシンで実行します。

Polyspace 製品を継続的な統合環境に統合。

共同レビューの結果を通知およびアップロード

問題を重大度により順位付けして解決できるように、自動的に欠陥をコンポーネントの所有者に割り当て、メール通知を送信し、検証結果を Polyspace Bug Finder Access にアップロードします。

Polyspace Bug Finder の検証結果を記載したメール通知を送信。

Polyspace Bug Finder Access による共同レビュー

解析結果と品質メトリクスをソフトウェア開発チームと共有します。

問題を重大度により順位付けして解決できるように、解析結果を確認

Polyspace Bug Finder Access™ により、中央リポジトリに格納されている Polyspace 静的コード解析結果および品質メトリクスに対する Web ブラウザー インターフェイスが提供されます。静的解析の結果を調査するためのナビゲーションツールがコードの横に表示されます。

検証結果の詳細を表示するウィンドウ。

プロジェクト品質メトリクスとソフトウェア品質メトリクスの監視

ダッシュボードには、ソフトウェアの品質、プロジェクト ステータス、欠陥の数、コードメトリクスを監視するために使用できる情報が表示されます。

プロジェクト概要のダッシュボード。

すでに使用しているバグ追跡ツールと統合

Web ブラウザー インタフェースを使用して、Jira などのバグ追跡ツールでチケットを作成し割り当てます。

チケットを作成。

新機能

コンパイラのサポート

Cosmic コンパイラを使用してコンパイルされるコード向けの Polyspace 解析を容易に設定

Simulink のサポート

Simulink エディター ツールストリップ上のコンテキストボタンを使用して、生成されたコードを解析

Simulink のサポート

モデルのコンテキストで C Caller ブロックと Stateflow チャートから呼ばれるカスタム コードを検証

AUTOSAR C++14 のサポート

ラムダ式の誤り、列挙型の潜在的な問題、およびその他の問題をチェック

これらの機能やそれに対応する機能の詳細については、リリースノートをご覧ください。 

無料評価版を入手する

30 日間の無料評価版はこちら

今すぐダウンロード

あなたは学生ですか?

MATLAB および Simulink 学生向けソフトウェアの入手

詳細を見る