Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

コーディング規約およびコード メトリクス

MISRA、AUTOSAR、CERT、および JSF のコーディング ルール セット、カスタム コーディング ルール、コード メトリクス

チェックするコーディング規約 (MISRA C®:2012 や AUTOSAR C++14 など) を指定するには、コーディング規約オプションを使用します。循環的複雑度、呼び出す関数の数や呼び出される関数の数など、解析結果のコード複雑度メトリクスを確認するには、コード メトリクス オプションを使用します。

解析オプション

すべて展開する

MISRA C:2004 のチェック (-misra2)MISRA C:2004 ルールに対する違反のチェック
MISRA AC AGC のチェック (-misra-ac-agc)MISRA AC AGC ルールに対する違反のチェック
MISRA C:2012 のチェック (-misra3)MISRA C:2012 ルールおよび命令に対する違反のチェック
生成されたコードの要件を使用 (-misra3-agc-mode)生成されたコードに適用される MISRA C:2012 ルールおよび命令に対する違反のチェック
有効な boolean 型 (-boolean-types)コーディング ルール チェッカーが実質的に boolean として扱うデータ型の指定
SEI CERT-C をチェック (-cert-c)CERT C ルールおよび推奨事項に対する違反のチェック
ISO/IEC TS 17961 をチェック (-iso-17961)ISO/IEC TS 17961 ルールに対する違反のチェック
MISRA C++:2008 をチェック (-misra-cpp)MISRA C++ ルールに対する違反のチェック
JSF AV C++ をチェック (-jsf-coding-rules)JSF C++ ルールに対する違反のチェック
AUTOSAR C++14 をチェック (-autosar-cpp14)AUTOSAR C++ 14 ルールに対する違反のチェック
SEI CERT-C++ をチェック (-cert-cpp)CERT C++ ルールに対する違反のチェック
ファイルごとにチェッカーを設定 (-checkers-selection-file)解析用のコーディング規約チェックのカスタム セットの定義
カスタム ルールのチェック (-custom-rules)識別子の命名規則への準拠
ガイドラインをチェック (-guidelines)ガイドラインに対する違反のチェック
許可されるプラグマ (-allowed-pragmas)ドキュメント化されているプラグマ指令の指定
コード メトリクスの計算 (-code-metrics)コード複雑度メトリクスの計算と表示

トピック

入門

MISRA または JSF ルール

コード複雑度メトリクス