Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

スチューデントの t 分布

スチューデントの t 分布から無作為標本を評価および生成

Statistics and Machine Learning Toolbox™ には、スチューデント t 分布を処理する方法がいくつか用意されています。

  • 分布パラメーターを指定して、分布特有の関数を使用します。分布特有の関数では、複数のスチューデント t 分布についてのパラメーターを受け入れることができます。

  • 分布名 ('T') とパラメーターを指定して、汎用の分布関数 (cdficdfpdfrandom) を使用します。

スチューデント t 分布の詳細については、スチューデントの t 分布を参照してください。

関数

すべて展開する

cdf累積分布関数
icdf逆累積分布関数
pdf確率密度関数
random乱数
randtool対話形式の乱数発生
tcdfスチューデントの t 累積分布関数
tpdfスチューデントの t 確率密度関数
tinvスチューデントの t 逆累積分布関数
tstatスチューデントの t 平均と分散
trndスチューデントの t 乱数
ttest1 標本およびペア標本 t 検定
ttest22 標本 t 検定

トピック

スチューデントの t 分布

スチューデント t 分布は、1 つのパラメーター ν (自由度) に依存する曲線群です。

スチューデントの t を使用したコーシー乱数の生成

この例では、スチューデントの t 分布を使用して標準コーシー分布から乱数を生成する方法を示します。