ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ウィンドウの漏れを変化させることでトーンを分解する

解析ウィンドウのスペクトル漏れを調整して、信号アナライザーで正弦波を分解できます。

100Hz で 2 秒間サンプリングされた 2 チャネルの信号を生成します。

  1. 最初のチャネルは、20Hz トーンと 21Hz トーンで構成されます。どちらのトーンにも単位振幅があります。

  2. 2 番目のチャネルも 2 つのトーンをもちます。1 つのトーンは単位振幅および 20Hz の周波数をもちます。もう 1 つのトーンは 1/100 の振幅および 30Hz の周波数をもちます。

fs = 100;

t = (0:1/fs:2-1/fs)';

x = sin(2*pi*[20 20].*t)+[1 1/100].*sin(2*pi*[21 30].*t);

ホワイト ノイズに信号を組み込みます。40 dB の S/N 比を指定します。信号アナライザーを開いて、サンプルレート fs を使用して信号をプロットします。

x = x+randn(size(x)).*std(x)/db2mag(40);

[スペクトル] をクリックして、ディスプレイにスペクトル プロットを追加します。表示される [スペクトル] タブをクリックします。

スペクトル漏れを制御するスライダーは、中央の位置にあり、分解能帯域幅の約 1.29 Hz に相当します。1 番目のチャネルの 2 つのトーンは、分解されていません。2 番目のチャネルの 30Hz トーンは、他のトーンよりもかなり弱いにもかかわらず表示されています。

分解能帯域幅がおよそ 0.84 Hz になるように漏れを増やします。2 番目のチャネルの弱いトーンは、明確に分解されます。

スライダーを最大値に移動します。分解能帯域幅はおよそ 0.5Hz です。1 番目のチャネルの 2 つのトーンは、分解されています。2 番目のチャネルの弱いトーンは、大きいウィンドウのサイドローブによってマスクされています。

[表示] タブをクリックします。水平方向のズームを使用して周波数軸を拡大します。周波数領域のカーソルを追加して、トーンの周波数を推定します。

参考

アプリ

関数

関連する例

詳細