ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

マルチレート信号処理

間引き、内挿、ダウンサンプリング、アップサンプリング、アンチエイリアシング フィルター

等間隔データまたは非等間隔データを新しい固定レートにリサンプリングします。間引きと線形内挿または高次内挿をエイリアシングを発生させずに実行します。

関数

decimate間引き — 整数係数単位でのサンプルレートの低減
downsample整数係数によるサンプルレートの低減
fillgaps自己回帰モデリングを使用してギャップを埋める
interp内挿 — サンプルレートを整数係数により上げる
interp11 次データ内挿 (テーブル ルックアップ)
intfilt内挿 FIR フィルターの設計
pchip区分的 3 次エルミート内挿多項式 (PCHIP)
resample均一または不均一なデータを新しい固定レートでリサンプリング
spline3 次スプライン データ内挿
upfirdnアップサンプリング、FIR フィルターの適用、ダウンサンプリング
upsample整数係数によるサンプルレートの増加

アプリ

信号アナライザー複数の信号とスペクトルの可視化および比較

トピック

ダウンサンプリング — エイリアシング

エイリアシングは、信号のスペクトルのコピーがオーバーラップしているときに生じる歪みです。ダウンサンプリングではエイリアシングが生じる場合があります。

ダウンサンプリング前のフィルター処理

ダウンサンプリングする前にフィルター処理をして、エイリアシングによる歪みを軽減します。

アップサンプリング — イメージング アーチファクト

信号をアップサンプリングしてアップサンプリングがどのようなイメージをもたらすかを確認します。

アップサンプリング後のフィルター処理 — 内挿

信号をアップサンプリングし、ローパス内挿フィルターを使用してイメージング アーチファクトを取り除きます。

サンプル アンド ホールド システムのシミュレート

信号のアップサンプリングおよびフィルター処理を行うことでサンプル アンド ホールド システムの出力をシミュレートします。

リサンプリング

中間フィルタリングを使用または使用せずに、信号のサンプルレートを間引き、内挿、または変更します。

信号のサンプルレートの変更

正弦波のサンプルレートおよび録音された音声サンプルのサンプルレートを変更します。

マルチレート フィルター バンクの実装

関数 upfirdn を使用してフィルター バンクを実装します。

注目の例