ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

サンプルレートおよびその他の時間情報の編集

信号アナライザーアプリで、timetable または timeseries オブジェクト以外の任意の信号に時間情報を追加したり編集できます。固有の時間情報をもたない 1 つ以上の信号を信号テーブルで選択し、[アナライザー] タブで [時間値] をクリックします。

メモ

[名前] 列をクリックすると信号テーブルの信号が選択されます。行全体が強調表示され、信号が選択されていることが示されます。信号の名前の隣にあるチェック ボックスは、アクティブなディスプレイに信号がプロットされるかどうかを示します。

[時間値] ダイアログ ボックスで [時間指定] オプションを選択します。

時間指定オプション説明
サンプルで作業 (既定)

このオプションでは、サンプルレートまたはサンプル時間を指定せずに信号を調査できます。これは、MATLAB®x 軸の情報がない状態で信号をプロットすることと同じです。

サンプルレートと開始時間

信号がサンプリングされたレートがわかっている場合には、このオプションを使用します。最初のサンプルに対応するサンプルレートと時点を指定します。

[サンプルレート] は、Hz、kHz、MHz または GHz で表すことができます。

[開始時間] は、秒、年、日、時、分、ミリ秒、マイクロ秒またはナノ秒で表すことができます。

信号が時間単位でディスプレイにプロットされるように、サンプルレートを設定します。

サンプル時間と開始時間

サンプル間の時間間隔がわかっている場合には、このオプションを使用します。最初のサンプルに対応するサンプル時間と時点を指定します。

[サンプル時間][開始時間] は、それぞれ秒、年、日、時、分、ミリ秒、マイクロ秒またはナノ秒で表すことができます。

信号が時間単位でディスプレイにプロットされるように、サンプル時間を設定します。

時間値

各サンプルに対応する時間値がわかっている場合には、このオプションを使用します。時間値の指定には、変数名または MATLAB 式を使用します。

[時間値] は、実際の時間値を秒単位で表して数値ベクトルに格納できます。値は一意で、NaN にすることはできませんが、その間隔は均一である必要はありません。ベクトルは信号と同じ長さでなければなりません。

時間値は配列 duration にも格納できます。値は一意で、NaN にすることはできませんが、その間隔は均一である必要はありません。配列は信号と同じ長さでなければなりません。

時間値は MATLAB 式として入力することもできます。式は信号と同じ長さをもつ配列を指定しなければなりません。値は一意で、NaN にすることはできませんが、その間隔は均一である必要はありません。有効な例には以下が含まれます。

  • (0:length(s)-1)'/Fs。ここで、s は信号、Fs はサンプルレートを表すワークスペース内のスカラーです。

  • linspace(2,2.5,length(s))'。ここで、s は信号です。

  • minutes(0:15)'。15 分間、1 分ごとに測定した場合に相当します。

  • [0:10 20:30]。セット間に長い一時停止を挟んで、1 Hz で 2 セットの測定を行う場合に相当します。

すべての場合で、アプリは時間値からサンプルレートを派生させ、信号テーブルの [時間] 列に表示します。サンプルレートの前に表示されるアスタリスクは、信号のサンプリングが等間隔でないことを示します。

メモ

時間情報のない信号は、x 軸上のサンプル単位でプロットされます。時間情報のある信号は、x 軸上の時間単位でプロットされます。同一のディスプレイ上に複数の信号をプロットするには、すべての信号が時間情報をもっているか、あるいはすべての信号がサンプル単位であることを確認してください。そうでない場合、次の警告が表示されます。

x 軸をサンプルとした場合の信号x 軸を時間とした場合の信号

  • 信号が欠損している場合や時間点が重複している場合、欠損または重複する時間および非等間隔の時間をもつ timetable の整理 (MATLAB)のヒントを使用して修正できます。

  • 信号のサンプリングが等間隔でない場合、信号アナライザーは信号を等間隔グリッドに内挿して、スペクトル推定を計算します。アプリは線形内挿を使用し、サンプル時間が隣接する時間点の差の中央値に等しいと仮定します。信号テーブルでは、派生されたサンプルレートに、信号が等間隔でないサンプルであることを示すアスタリスクが表示されます。

    メモ

    内挿は、スペクトル推定を計算するためだけに使用されます。時間プロットはリサンプリングされません。

    サンプリングが一様ではない信号がサポートされるには、時間間隔の中央値と時間間隔の平均値は以下に従わなければなりません。

    1100<Median time intervalMean time interval<100.

  • フィルター処理とスカログラム表示は一様にサンプリングされていない信号はサポートしていません。

参考

関連する例

詳細