Main Content

このページの内容は最新ではありません。最新版の英語を参照するには、ここをクリックします。

診断特徴デザイナーでの MATLAB コードの生成

診断特徴デザイナー アプリで、選択した特徴、処理した変数、およびランク付けの計算を再現する MATLAB® コードを生成する

診断特徴デザイナー アプリを使用することで、アンサンブル データを対話的に操作し、処理および特徴のさまざまなオプションを試すことができます。最適な特徴を特定したら、計算を再現するコードを生成できます。このコードにより、同じ計算を新しいアンサンブル データ、または拡大したアンサンブル データに適用できます。このコードは、直接使用することも、用途に合わせて変更することもできます。また、MATLAB Coder™ を使用して、C/C++ コードに変換可能なストリーミング コードを生成することもできます。

アプリ

診断特徴デザイナー機械の診断と予測のために、測定データまたはシミュレーション データから特徴を対話的に抽出、可視化、ランク付けする

関数

すべて展開する

workspaceEnsemble診断特徴デザイナーで生成されたコードを使用して、MATLAB ワークスペースに保存されたアンサンブル データを管理します。 (R2020a 以降)
findIndex指定された変数の名前と値に一致するメンバーのワークスペース アンサンブル メンバー インデックスを特定 (R2020a 以降)
readMemberアンサンブル メンバー データをメンバー インデックスに基づいて返す (R2020a 以降)
refresh並列処理で計算されて変更または追加されたデータの分割でワークスペース アンサンブルを更新 (R2020a 以降)
writeMember特定のワークスペース アンサンブル メンバーにデータを書き込み (R2020a 以降)
readallデータストアのすべてのデータの読み取り
readFeatureTableアンサンブル データ セットから table に特徴値、独立変数、および状態変数を読み取り (R2020a 以降)
readMemberData特定のパスのアンサンブル メンバーからデータを抽出 (R2020a 以降)
resetデータストアの初期状態へのリセット
unique配列の一意の値
writeToLastMemberReadアンサンブル データストアのメンバーにデータを書き込み
frameintervalsフレーム設定に基づいてフレーム区間を作成 (R2020a 以降)
joindata2 つのフレーム table を外部連結を使用してマージ (R2020a 以降)
readFrameIntervalsアンサンブル メンバーからフレーム セグメントを抽出 (R2020a 以降)
effectivefs時間ベクトルの有効なサンプリング レート (R2020a 以降)
time2numduration 配列または datetime 配列を、指定した時間単位をもつ数値ベクトルに変換する (R2020a 以降)

トピック