ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

起動と終了

起動コマンド ライン フラグ、起動およびシャットダウン ファイル

注意

ベスト プラクティスは、昇格された特権が特に必要な場合には MATLAB® を特権ユーザーとしてのみ実行することです。特権ユーザーとは、Linux® および Mac ではルート ユーザーを、Windows® では管理者を指します。

関数

すべて展開する

matlab (Windows)Windows システム プロンプトから MATLAB プログラムを開始
matlab (macOS)macOS ターミナルから MATLAB プログラムを開始
matlab (Linux)Linux システム プロンプトから MATLAB プログラムを開始
batchStartupOptionUsedMATLAB が -batch オプションを使用して起動したかどうかを判別
quitMATLAB プログラムの終了
exitMATLAB プログラムを終了 (quit と同じ)
startupMATLAB のユーザー定義起動スクリプト
finishMATLAB のユーザー定義終了スクリプト
matlabrcシステム管理者が定義する MATLAB の開始スクリプト

トピック

Windows プラットフォームでの MATLAB の起動

Microsoft® Windows プラットフォームで MATLAB を起動するさまざまな方法。

macOS プラットフォームでの MATLAB の起動

Applications フォルダーまたはターミナル ウィンドウから MATLAB を起動する。

Linux プラットフォームでの MATLAB の起動

オペレーティング システム プロンプトで matlab と入力して、Linux プラットフォームで MATLAB を起動する。

起動オプションの指定

MATLAB プログラムに対して起動時に特定の操作を実行するよう指示する起動オプション (コマンド フラグまたはコマンド ライン スイッチとも呼ばれる) を指定します。

MATLAB 起動フォルダー

[一般設定] パネルを使用して初期作業フォルダーを設定する。

MATLAB の終了

MATLAB の終了方法。

トラブルシューティング

異常終了後のデータの復元

MATLAB が異常終了した場合に情報を復元するための手法。

クラッシュのレポート

MathWorks® へのクラッシュ レポートの送信。

MATLAB が予期せず終了した場合

MathWorks クラッシュ レポーターおよびクラッシュ アナライザーを使用した内部エラーのレポート。

Java 起動オプションの指定

java.opts ファイルを作成することにより、カスタムの Java® 起動オプションを指定できます。

.mat ファイルと MATLAB との関連付け

.mat 拡張子を MATLAB R2010b 以降のバージョンと関連付けるには、Microsoft Windows の [既定のプログラム] コントロール パネルを使用します。