ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Java 起動オプションの指定

java.opts ファイルを作成することにより、カスタム Java® 起動オプションを指定できます。このファイルは 1 行ごとに 1 つのオプションが記述されているテキスト ファイルです。たとえば、-Dproperty=value コマンドを使用すると、value をシステムの property に代入することができます。

java.opts ファイルは次のいずれかのフォルダーに配置します。

  • オペレーティング システム プロンプトから MATLAB® を起動する場合は、MATLAB 起動フォルダー。詳細については、MATLAB 起動フォルダーを参照してください。

  • 起動フォルダーに java.opts ファイルがない場合、MATLAB は matlabroot/bin/arch フォルダーを確認します。matlabroot は関数 matlabroot の出力で、arch は MATLAB 関数 computer('arch') の出力 (たとえば、glnxa64) です。

    この場所に配置した java.opts ファイルはすべてのユーザーに適用されますが、そこにあるファイルを変更する権限を個々のユーザーはもっていない場合があります。

以下の状況では、java.opts ファイルを使用しないでください。

  • Java デバッガーの使用を有効にする場合、matlab -jdb コマンドを使用してください。詳細については、matlab (Linux) または matlab (macOS) を参照してください。

  • MATLAB のデスクトップ バージョンの Java ヒープ サイズを調整する場合、Java ヒープ メモリ設定を使用してください。

  • 静的 Java クラス パスを変更する場合。javaclasspath.txt ファイルを作成してください。詳細については、静的パスを参照してください。

    ライブラリ パスを変更する場合。javalibrarypath.txt ファイルを作成してください。詳細については、ネイティブ メソッド ライブラリの特定を参照してください。

  • MATLAB が起動時に Java に指定する組み込みオプションをオーバーライドする場合。java.opts のオプションは、組み込みリストの終わりに追加されます。これらの追加オプションが組み込みオプションをオーバーライドするかどうかは JVM に依存し、Java バージョンによって異なる場合があります。MATLAB が Java に指定するオプションを確認するには、次のコマンドを実行します。

    java.lang.management.ManagementFactory.getRuntimeMXBean.getInputArguments

参考

|

関連する例

詳細