ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

matlab (macOS)

macOS ターミナルから MATLAB プログラムを開始

説明

matlab は、macOS システム プロンプトから MATLAB® プログラムを開始するボーン シェル スクリプトです。ここで、用語 matlab はこのスクリプトを指し、MATLAB はプログラムを指します。

matlab スクリプトは、MATLAB アプリケーション パッケージ /Applications/matlabroot/MATLAB_release.app/bin にあります。ここで matlabroot は MATLAB をインストールしたフォルダーの名前、release は MATLAB のリリース番号です。

matlab スクリプトは以下を実行します。

  • MATLAB ルート フォルダーを判別します。この値は関数 matlabroot から返されます。

  • コマンド ライン オプションがある場合は処理します。

  • MATLAB 起動ファイル .matlab7rc.sh を読み取ります。

  • MATLAB 環境変数を設定します。

matlab option1 ... optionN は、指定の起動オプションを使用して MATLAB を開始します。

あるいは MATLAB .matlab7rc.sh 起動ファイル で起動オプションを割り当てます。.matlab7rc.sh ファイルを修正すると、MATLAB 起動時の起動オプションが定義されます。macOS プラットフォームでは、.matlab7rc.sh ファイルは MATLAB をターミナルから開始する場合にのみ適用されます。このファイルは、Applications フォルダー内の MATLAB アイコンをダブルクリックして MATLAB を開始する場合は適用されません。

MATLAB は Java® Virtual Machine (JVM™) ソフトウェアを使用してデスクトップの実行とグラフィックスの表示を行います。-nojvm オプションでは、JVM なしで MATLAB を開始することができます。このオプションによってメモリ使用量が最小化され、初期起動スピードも改善されますが、機能が制限されます。

入力引数

すべて展開する

1 つ以上の起動オプション。以下の表にある有効な起動オプションに対応する文字列として指定します。

モード オプション

オプション結果
-desktop

コントロール ターミナルなしで MATLAB を開始します。このオプションは、ウィンドウ マネージャー メニューまたはデスクトップ アイコンから MATLAB を開始する場合に使用します。

-nodesktop

MATLAB デスクトップを開かずに JVM ソフトウェアを実行します。開発環境ツールは、関数として呼び出して使用できます。

このオプションを使うと、バッチ処理モードで実行することができます。

> コンストラクターを使用して MATLAB と連結した場合、nodesktop オプションが自動的に使用されます。

MATLAB には、デスクトップ環境用のコマンド ウィンドウのみのインターフェイスが用意されています。[ホーム] タブで [レイアウト] をクリックします。次に、[レイアウトの選択] の中にある、[コマンド ウィンドウのみ] を選択します。

-nojvm

JVM ソフトウェアなしに MATLAB を起動します。Java ソフトウェアを必要とする機能 (デスクトップ ツールやグラフィックスなど) はサポートされません。

表示オプション

オプション結果
-noFigureWindows

MATLAB で Figure ウィンドウの表示を無効にします。

-nosplash

起動時にスプラッシュ スクリーンを非表示にします。

-nodisplay

MATLAB デスクトップを起動せずに JVM ソフトウェアを起動します。

初期作業フォルダーを設定

初期作業フォルダーは、MATLAB 起動時における現在のフォルダーです。詳細については、MATLAB 起動フォルダーを参照してください。

オプション結果

-sd folder

MATLAB フォルダーを folder (string として指定) に設定します。

例: matlab -sd "C:\work"

-useStartupFolderPref

MATLAB フォルダーを、[一般設定] パネルの [初期作業フォルダー] オプションで指定された値に設定します。

MATLAB のバージョンの指定

オプション結果
v=variant

bin/arch フォルダーではなく、bin/arch/variant フォルダーにある MATLAB のバージョンを開始します。ここで、以下のとおりです。

  • arch はシステム アーキテクチャであり、その値は関数 computer('arch') から返されます。

  • variant は MATLAB バージョンを表す string です。

デバッグ オプション

オプション結果

-logfile filename

エラー レポートを含むコマンド ウィンドウの出力を、文字列として指定された filename にコピーします。

例: -logfile output.log

-n

MATLAB を開始せずに、MATLAB 実行可能ファイルに渡される環境変数と引数の最終値を表示します。このオプションは、テクニカル サポート担当者と作業を行うときに使用するその他の診断情報も表示します。

-e

MATLAB を開始せずに、すべての環境変数とその値を標準出力に表示します。返された終了ステータスが 0 でない場合、変数と値は正しくないことがあります。

-Ddebugger debugopts

MATLAB をデバッグ モードで開始します。このオプションはデバッガー プログラムの名前 debugger を使用します。これは gdblldbdbx などの文字列として指定します。デバッガーには絶対パスを指定できます。このオプションは、matlab スクリプトの最初のオプションでなければなりません。

デバッガー プログラムのコマンド ライン オプション debugoptsdebugger の有効なオプションの文字列として指定します。詳細は、デバッガーのドキュメンテーションを参照してください。debugopts を使用する場合は matlab スクリプトの他のオプションを使用しないでください。

Ddebugger の間にスペースを挿入しないでください。

例: -Dlldb

-jdb portnumber

Java デバッガーの使用を有効にします。Java デバッガーは portnumber に既定の設定である 4444 を使用して MATLAB と通信を行います。

ポート番号の指定はオプションです。ただし、複数の MATLAB セッションを実行中に Java デバッガーを使用するには、ポート番号を指定する必要があります。portnumber の値は 0 ~ 65535 の整数でなければなりません。システムで予約されている番号や、他のアプリケーションで現在使用中の番号は指定できません。

MATLAB スクリプトまたは関数の実行

オプション結果

-batch statement

MATLAB スクリプト、ステートメント、または関数を非対話型で実行します。MATLAB は以下を行います。

  • デスクトップなしで起動する

  • スプラッシュ スクリーンを表示しない

  • statement を実行する

  • 設定の変更を無効にする

  • ツールボックスのキャッシュを無効にする

  • stdoutstderr にテキストのログを記録する

  • ダイアログ ボックスを表示しない

  • script が問題なく実行された場合、終了コード 0 で自動的に終了する。それ以外の場合、MATLAB は非ゼロの終了コードで終了する

statement は二重引用符で囲まれた MATLAB コードです。statement が MATLAB 関数またはスクリプトの名前である場合、ファイル拡張子を指定しないでください。必要なファイルは、MATLAB 検索パスまたは起動フォルダーになければなりません。

非対話型スクリプトまたはコマンド ライン ワーク フローで -batch オプションを使用します。このオプションを -r オプションと共に使用しないでください。

MATLAB のセッションがバッチ モードで実行されているかどうかをテストするには、関数 batchStartupOptionUsed を呼び出します。

例: -batch "myscript"

例: -batch "-logfile output.log"

-r statement

MATLAB statement を実行します。対話型のワーク フローでこのオプションを使用します。このオプションを -batch オプションと共に使用しないでください。

メモ

初期作業フォルダーを設定するには、-sd オプションを使用します。以下に例を示します。

-sd folder

例: -r "disp(['Current folder: ' pwd])"

例: -r "myscript"

単一の計算スレッドの使用

既定の設定では、MATLAB は実行先コンピューターのマルチスレッド機能を利用します。

オプション結果
-singleCompThread

単一の計算スレッドに制限して MATLAB を使用します。

カスタム Java クラス パスの検索の無効化

オプション結果
-nouserjavapath

javaclasspath.txt および javalibrarypath.txt ファイルの使用を無効にします。詳細については、Java 起動オプションの指定を参照してください。

ライセンス ファイルの指定

オプション結果

-c license

指定されたライセンス ファイル license を使用します。文字列、コロンで区切られたライセンス ファイル名リストまたは port@host エントリとして指定します。詳細については、ネットワーク ライセンス ファイルについて (Installation, Licensing, and Activation)を参照してください。

ヘルプ オプション

オプション結果
-h

MATLAB を開始せずに起動オプションを表示します。

-help

-h オプションと同じです。

すべて展開する

MyMATLAB というフォルダー内にインストールされている MATLAB のアプリケーション パッケージ内にある bin フォルダーに移動します。

cd /Applications/MyMATLAB/MATLAB_R2015a.app/bin

matlab スクリプトの前に文字 ./ を付けます。

./matlab -nosplash

絶対パス名を指定して、任意のターミナル フォルダーから MATLAB R2015a を起動します。MATLAB は MyMATLAB という名前のフォルダーにインストールされていると仮定します。

/Applications/MyMATLAB/MATLAB_R2015a.app/bin/matlab
matlab -nojvm -nodisplay -nosplash
matlab -r "disp(['Current folder: ' pwd])"

詳細

すべて展開する

互換性についての考慮事項

すべて展開する

R2019a での開始は非推奨