ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Mac プラットフォームでの MATLAB の起動

以下のいずれかの方法を選択して MATLAB® を起動します。

MATLAB を起動すると、userpath フォルダーが自動的に検索パスに追加されます。また、MATLAB は前回終了したときに開いていたデスクトップ コンポーネントを再度開きます。

起動をカスタマイズするには、起動オプションの指定を参照してください。

MATLAB 起動フォルダーは、MATLAB のプロンプトを表示したときのアクティブ フォルダーです。既定の起動フォルダーを変更するには、MATLAB 起動フォルダーを参照してください。

Java® ソフトウェアのような必須システム コンポーネントでの問題のために MATLAB が起動しない場合、診断プログラムが自動で走ります。ソフトウェアにより、問題とその解決方法が表示されます。起動に関するその他の問題の詳細については、MATLAB のインストール、アクティベーション、および起動のヘルプを参照してください。

Applications フォルダーからの起動

  • matlabroot フォルダーで MATLAB アイコンをダブルクリックします。matlabroot は、MATLAB をインストールしたフォルダーの名前に置き換えてください。

起動フォルダーは、前回の MATLAB セッションで最後に使用した作業フォルダー、または一般設定で説明されている [初期作業フォルダー] 設定で指定したカスタム パスです。

ターミナル ウィンドウからの起動

  • ターミナル ウィンドウから起動するには、MATLAB がインストールされているフォルダーの絶対パスである matlabroot の値を知る必要があります。パスがわからない場合は、Applications フォルダーから MATLAB を開き、matlabroot と入力して値をメモします。MATLAB を終了します。

  • ターミナル ウィンドウを開きます。

  • ターミナル ウィンドウから次の場所に移動します。

    matlabroot/bin
  • MATLAB を起動します。

    ./matlab

起動フォルダーは MATLAB インストール フォルダーです。

参考

| |

関連するトピック