ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

userpath

既定のユーザーの作業フォルダーを表示または変更

構文

userpath
userpath(newpath)
userpath('reset')
userpath('clear')

説明

userpath は、文字ベクトルとして指定されている、検索パス上の最初のフォルダーを返します。MATLAB® は、起動時に、userpath によって指定されているフォルダーを検索パスに追加します。

userpath(newpath) は、検索パスの最初のフォルダーを newpath に設定します。userpath を使用して指定されたフォルダーは、直後および今後のセッションの起動時に検索パスの最上位に置かれます。MATLAB は、userpath によって前に指定したフォルダーを検索パスから削除します。

userpath('reset') は、検索パスの最初のフォルダーをプラットフォームの既定値に設定します。既定の userpath フォルダーはプラットフォームごとに異なります。

  • Windows® プラットフォーム — %USERPROFILE%/Documents/MATLAB

  • Mac プラットフォーム — $home/Documents/MATLAB

  • Linux® プラットフォーム — $home/Documents/MATLAB ($home/Documents が存在する場合)

MATLAB は、既定のフォルダーを直ちに検索パスの最上位に追加するだけでなく、それ以降のセッションの起動時にも検索パスに追加します。Windows および Mac プラットフォームでは、既定のフォルダーが存在しない場合は作成されます。Linux では、既定のフォルダーが存在しない場合は作成されません。

userpath('clear') は直ちに検索パスから最初のフォルダーを削除し、それ以降の MATLAB セッションでもこのフォルダーは検索されません。

すべて折りたたむ

この例では、userpath フォルダーが Windows プラットフォーム上で既定値 Documents\MATLAB に設定されていると仮定します。MATLAB を起動すると、現在のフォルダーが表示されます。

pwd
H:\Documents\MATLAB

この例で HDocuments があるドライブです。

現在のフォルダーが userpath フォルダーであることを確認します。

userpath
H:\Documents\MATLAB

検索パスを表示します。MATLAB は検索パスを返します。userpath によって指定されたフォルダーが最上位となります。

path
MATLABPATH

	H:\Documents\MATLAB
	C:\Program Files\MATLAB\R2009a\toolbox\matlab\general
	C:\Program Files\MATLAB\R2009a\toolbox\matlab\ops
...

userpath フォルダーが Windows プラットフォームの既定値 Documents\MATLAB に設定されていると仮定します。

この値を既定値から C:\Research_Project に変更します。

newpath = 'C:\Research_Project';
userpath(newpath)

検索パス上で変更の影響を表示します。

path
MATLABPATH

	C:\Research_Project
	C:\Program Files\MATLAB\R2009a\toolbox\matlab\general
	C:\Program Files\MATLAB\R2009a\toolbox\matlab\ops
...

MATLAB は、userpath によって指定されたフォルダーを最上位として検索パスを表示します。MATLAB は、userpath を使用して新しいフォルダーが割り当てられると、自動的に userpath フォルダーの以前の値 H:\Documents\MATLAB を検索パスから削除します。

userpath フォルダーが既定値に設定されているが、起動時に検索パスに追加しないようにすると仮定します。

既定値が設定されていることを確認します。

userpath
H:\Documents\MATLAB

それが検索パスの最上位にあることを確認します。

path
MATLABPATH

H:\Documents\MATLAB
C:\Program Files\MATLAB\R2009a\toolbox\matlab\general
C:\Program Files\MATLAB\R2009a\toolbox\matlab\ops
...

値をクリアします。

userpath('clear')

結果を確認します。

userpath
ans =
     ''

以前の userpath フォルダーが検索パスから削除されていることを確認します。

path
MATLABPATH

C:\Program Files\MATLAB\R2009a\toolbox\matlab\general
C:\Program Files\MATLAB\R2009a\toolbox\matlab\ops
...

メモ

userpath('clear') を使用した場合、起動フォルダーが検索パス上にない可能性があります。これは、userpath フォルダーを検索パスから削除し、変更を保存した場合にも生じることがあります。

入力引数

すべて折りたたむ

userpath フォルダーの新しい値。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。newpath は絶対パスでなければなりません。

例: 'C:\myFolder'

データ型: char | string

制限

  • MATLAB Online™ では、userpath で指定されたフォルダーのみを表示できます。フォルダーの変更はサポートされていません。

ヒント

  • 起動フォルダーを指定するには、一般設定で説明されている [初期作業フォルダー] 設定を設定します。

  • フォルダーを検索パスの最上位に追加するには、フォルダーのパスを環境変数 MATLABPATH に指定します。MATLAB は環境変数 MATLABPATH で指定したパスを、起動時に userpath フォルダーの下の検索パスに追加します。

R2008a で導入