Main Content

ネットワーク ライセンス ファイル

ネットワーク ライセンスについて

ネットワーク ライセンスには、組織がインストールおよび実行するライセンスを保有している各製品の暗号パスコードが記載されています。

一般に、サーバーまたはクライアント コンピューター上のネットワーク ライセンス ファイルを変更する必要はありません。しかし、状況によっては、ライセンス ファイルを編集しなければならない場合もあります。

  • ライセンス サーバーの名前を変更する場合 (たとえば、ライセンスを新しいサーバーでホストする場合など)。ネットワーク ライセンスの更新を参照してください。

  • ポート番号を変更する場合 (たとえば、サーバーのポート アドレスが変更された場合など)。次のサポート記事に、MATLAB クライアント インストールの移行手順が記載されています: Migrate MATLAB Client Installations to New License Server

  • ネットワーク インストールを新しいライセンス ファイルで更新する場合。MathWorks® Web サイトの Update License File on License Server を参照してください。

ネットワーク ライセンス ファイルの内容

ネットワーク ライセンス ファイルとは特殊な形式の ASCII テキスト ファイルで、実行するライセンスのある各製品の暗号パスコードが記載されています。各製品のパスコードは、該当する製品で使用可能なライセンス キーの数を指定します。各製品に関連付けられているライセンス キーの使用状況に応じて、その製品へのアクセスを許可するか拒否するかがネットワーク ライセンス マネージャーによって決定されます。

  • INCREMENT 行は、製品、製品に対して使用可能なキーの数、その他の情報を指定します (この例に示されているすべての要素が実際のライセンス ファイルの INCREMENT 行に含まれているとは限りません)。

  • バックスラッシュまたは円記号 (\) は、その行が次の行に続くことを示します。

  • シャープ記号 (#) で始まる行はコメント行です。MathWorks インストーラーは、インストール中のライセンス ファイル処理時に、これらのコメント行にあるライセンス サーバーのホスト ID、インターネット アドレスなどの情報を使用します。

# BEGIN-------cut here-------CUT HERE-------BEGIN
# MATLAB license passcode file.
# LicenseNo: 12345           HostID: INTERNET=144.212.101.43
INCREMENT TMW_Archive MLM 18 01-sep-2015 0  \
	BC9DE773A77D15AF8 VENDOR_STRING=83 HOSTID=DEMO SN=12345
INCREMENT MATLAB MLM 18 01-sep-2015 1  \
	4C9D3348561BE9E3B USER_BASED DUP_GROUP=U SN=12345
INCREMENT SIMULINK MLM 18 01-sep-2015 1  \
	1CD148466EF58DF8B USER_BASED DUP_GROUP=U SN=12345
INCREMENT Signal_Toolbox MLM 18 01-sep-2015 1  \
	6CF74B458BA143DC3 USER_BASED DUP_GROUP=U SN=12345
# END---------cut here-------CUT HERE-------END

MATLAB インストール中のライセンス処理

MATLAB® ソフトウェアのインストール時に、インストーラーはネットワーク ライセンス ファイルを処理します。

サーバー上でインストーラーが次を行います。

  • license.dat というネットワーク ライセンス ファイルのコピーを作成し、MATLAB インストール フォルダーの /etc フォルダーに配置します。

  • ファイルに SERVER 行と DAEMON 行を追加します。SERVER 行はサーバー ホストとポート番号を識別します。DAEMON 行はネットワーク ライセンス マネージャー デーモンの名前を識別します。

  • 処理したライセンス ファイルを matlabroot/etc に保存します。ここで、matlabroot は MATLAB インストール フォルダーです。

  • インストール時にオプション ファイルが作成されると、ライセンス ファイルの DAEMON 行に Options= 構文も追加されます。この構文はオプション ファイルのパス名を指定します。

    たとえば、使用しているサーバー名が thunderball で IP アドレスが 144.212.111.103 の場合、ライセンス ファイルの SERVER 行と DAEMON 行は次のようになります。

    SERVER thunderball INTERNET=144.212.111.103 27000
    DAEMON MLM "C:\Program Files\MATLAB\R2021a\etc\win64\MLM.exe" \
                options="C:\Program Files\MATLAB\R2021a\etc\mlm.opt"
    

クライアント コンピューターで、インストーラーは次を行います。

  • 指定したライセンス ファイルのコピーを network.lic という名前で作成し、MATLAB クライアントのインストール フォルダーにある \licenses フォルダーに配置します。

  • SERVER 行はそのまま残して、すべての INCREMENT 行と DAEMON 行をライセンス ファイルから削除します。また、ファイルにステートメント USE_SERVER を追加します。この行はクライアントにサーバー上のネットワーク ライセンス ファイルを指定します。ファイルには製品のすべてのパスコードが記載されています。

MATLAB ライセンスの検索パス

MATLAB は起動時にライセンス ファイルを読み取り、製品のライセンスを確認します。MATLAB は次の場所を順番に検索してライセンス ファイルを見つけます。

  1. MATLAB の起動コマンド ラインに -c オプションを使用して指定されたライセンス ファイル。-c オプションは検索順序全体を上書きし、コマンド ラインに指定されている内容のみを使用します。これは MATLAB が検索する "唯一の" パスです。

  2. 環境変数 MLM_LICENSE_FILE および LM_LICENSE_FILE

  3. プログラムを起動したユーザーのプロファイル フォルダー

  4. MATLAB インストールの \licenses フォルダーにある license.dat というファイル、または拡張子 .lic をもつ任意のファイル。

MathWorks のライセンス ファイルが見つかると、MATLAB は検索を停止します。

MATLAB ライセンスの検索パスの設定

既定で MATLAB は、ライセンス ファイルをクライアント コンピューター上の MATLAB クライアント インストール フォルダーにある \licenses フォルダーにインストールします。ただし、次のいずれかの方法でこの場所を上書きすることができます。

  • MATLAB の起動時にコマンド ラインで -c オプションを使用して、ライセンス ファイルへのパスを指定します。

    -c オプションは環境変数を含む検索順序全体を上書きし、コマンド ラインに指定されている内容 "のみ" を使用します。これは MATLAB が検索する "唯一の" パスです。

    検索を行うパスの一覧を指定できます。-c オプションを使用するときには、次のことに注意してください。

    • ライセンス ファイルへのパスにスペースが含まれる場合は、パス名を引用符で囲みます。

    • 複数のライセンス ファイルを指定する場合は、必ずライセンス ファイルのリスト全体を引用符で囲みます。

  • 環境変数を設定します。

    • MLM_LICENSE_FILE — ライセンス ファイルの場所を指定しますが、MathWorks 製品のみに適用されます (推奨、MathWorks 製品のみを対象にするため)。MATLAB は、この環境変数を最初に検索します。

    • LM_LICENSE_FILE — このサーバーでネットワーク ライセンス マネージャーを使用するすべてのアプリケーションのライセンス ファイルの場所を指定します。この環境変数は Flex によって有効にされるすべての製品に影響を与えるため、使用しないことを推奨します。

いずかのオプションを使用できますが、両方は使用できません。

ネットワーク ライセンスの更新

製品やシート数の変更により MathWorks から新しいライセンスを受け取った場合、MATLAB ライセンスにユーザーがアクセスする可能性の最も低い時間に、ネットワーク サーバー上のライセンス ファイルを更新するように計画してください。この手順では、ネットワーク ライセンス マネージャーの停止と起動が必要です。再読み取りは特定のライセンスに影響を及ぼす可能性があるため、実行しないでください。

この手順は、この時点ではライセンス マネージャー ソフトウェアを更新しないことを前提とします。更新する場合は、ネットワーク ライセンス マネージャー ソフトウェアの更新も参照してください。

メモ

MATLAB を新しいリリースにアップグレードする目的でこの手順を使用しないでください。後のリリースにアップグレードする場合は、MATLAB リリースのアップグレードを参照してください。

ライセンス ファイルの更新を行うのはライセンス管理者でなければなりません。

サーバー上のライセンス ファイルを更新するには、次を行います。

  1. MathWorks Web サイトのライセンス センターにアクセスし、アカウントにサインインします。

  2. 更新するライセンスを選択します。

  3. [インストールとアクティベーション] をクリックします。

  4. 更新するサーバー用のライセンス ファイルを取得します。

  5. ネットワーク ライセンス マネージャーを停止します。

  6. サーバー上の既存のライセンスと新しいライセンスの両方をエディターで開きます。以下の手順に従って、新しいライセンスの大部分を古いライセンスにコピーします。

    1. 既存のライセンスで、ファイルの先頭にある SERVER 行と DAEMON 行を除くすべてのコンテンツを削除します。

    2. 新しいライセンスで、SERVER 行と DAEMON 行の下から末尾までのすべてのコンテンツをコピーします。

    3. コピーしたコンテンツを、既存のライセンスの SERVER 行と DAEMON 行の下に貼り付けます。

    4. 既存のライセンスを保存します。新しいライセンスをバックアップとして保存できます。ただし、SERVER 行と DAEMON 行は組織固有のものに置き換えなければならない点に注意してください。

  7. オプション ファイルがある場合、その構成によっては更新が必要なこともあります。オプション ファイルがない場合はこの手順を省略します。

  8. ネットワーク ライセンス マネージャーを起動します。

ステータスを問い合わせて、ライセンス ファイルが更新されたことを確認できます。次のサポート記事に、ステータスを問い合わせる手順が記載されています: Monitor the Usage of Licenses or Keys

関連するトピック

外部の Web サイト