ネットワーク ライセンス マネージャー ソフトウェアの更新

ネットワーク ライセンス マネージャー ソフトウェアを更新するには、ライセンス マネージャーを停止してから再起動する必要があります。この手順を実行するのはネットワーク ライセンス管理者でなければなりません。

ライセンス ファイルの運用に関する潜在的な問題を回避するために、MATLAB® ソフトウェアをアップグレードするときには常に、ネットワーク ライセンス マネージャー ソフトウェアのアップグレードを検討してください。

手順 1: ネットワーク ライセンス マネージャーの停止

ネットワーク ライセンス マネージャーを実行中の場合は終了します。

  • Linux® システムおよび macOS システムlmdown コマンドを使用します。詳細については、コマンド ライン ユーティリティの使用 を参照してください。

  • Windows® システム — 競合を回避するために既存のサービスを削除します。

    1. matlabroot\etc\$ARCH フォルダーにある lmtools.exe ファイルをダブルクリックして、LMTOOLS を起動します。ここで、matlabroot は MATLAB インストール フォルダー、$ARCHwin64 などのプラットフォーム固有のサブフォルダーです。

    2. [Config Services] タブを選択します。

    3. [Service Name] メニューから、削除するサービスを選択して [Remove Service] をクリックします。

手順 2. インストール方法の選択

ネットワーク ライセンス マネージャーを更新するために、ソフトウェア デーモンのみをダウンロードするか、MATLAB インストーラーを使用するかを選択できます。

ダウンロードしたデーモンを使用したネットワーク ライセンス マネージャー ソフトウェアの更新

ネットワーク ライセンス マネージャーが既にインストールされ、設定されている場合は、MathWorks® インストーラーを使用する代わりにサーバーに直接新しいネットワーク ライセンス マネージャー デーモンをダウンロードして、ソフトウェアの最新バージョンをインストールできます。ライセンス マネージャー デーモンには、次のものが含まれます。

  • lmgrd — ネットワーク ライセンス マネージャー デーモン

  • mlm — MathWorks ベンダー デーモン

  1. 手順 1 で説明したように、ネットワーク ライセンス マネージャーを停止します。

  2. MathWorks Web サイトの License Manager Download から、使用しているプラットフォーム用の zip ファイルをダウンロードします。

  3. ファイルを zip ファイルからネットワーク ライセンス マネージャーのフォルダーに解凍します。ライセンス マネージャー ファイルの既定の場所は、matlabroot\etc\$ARCH フォルダーです。matlabroot は MATLAB インストール フォルダー、$ARCH はプラットフォーム固有のサブフォルダーを表します。

  4. ネットワーク ライセンス マネージャーを再起動し、必要に応じて設定します。

MATLAB インストーラーを使用したネットワーク ライセンス マネージャー ソフトウェアの更新

  1. ネットワーク ライセンス マネージャーを停止します。手順 1 を参照してください。

  2. ライセンス マネージャーのソフトウェア更新をインストールします。

関連するトピック