Main Content

ネットワーク ライセンス マネージャーの監視

このトピックでは、ネットワーク ライセンス マネージャーの管理に使用できるいくつかのユーティリティについて説明します。これらのユーティリティの詳細については、MATLAB® インストールに付属している PDF 形式の『ライセンス管理ガイド』 (matlabroot\etc\LicenseAdministration.pdf) を参照してください。

LMTOOLS は、Windows® コンピューターでのみ使用できます。コマンド ライン ユーティリティはすべてのオペレーティング システムで使用できます。

LMTOOLS の使用 (Windows のみ)

Windows コンピューターでは、FlexNet® Publisher ライセンスに LMTOOLS というツールが含まれています。LMTOOLS を使用すると、次のような数多くのライセンス管理タスクを実行できます。

  • ネットワーク ライセンス マネージャーのステータスを取得します。

  • ネットワーク ライセンス マネージャーの開始および停止を行います。

  • ネットワーク ライセンス マネージャーをサービスとして設定します。

以下の例では、LMTOOLS を使用して、ネットワーク ライセンス マネージャーの現在の状態を確認する方法を説明します。

  1. matlabroot\etc\$ARCH フォルダーにある lmtools.exe ファイルをダブルクリックして、LMTOOLS を起動します。ここで、matlabroot は MATLAB インストール フォルダー、$ARCHwin64 などのプラットフォーム固有のサブフォルダーです。

  2. [Server Status] タブをクリックします。

  3. [Perform Status Enquiry] ボタンをクリックします。lmutil lmstat -a コマンドを入力したときと同じ情報が LMTOOLS によって表示されます。

    LMTOOLS dialog box, displaying the status of the license manager

コマンド ライン ユーティリティの使用

FlexNet ライセンスには、ネットワーク ライセンス マネージャーの起動、停止および監視に使用できる一連のライセンス管理ユーティリティが含まれています。

Windows コンピューターでは FlexNet によって、lmutil.exe と呼ばれる単一のコマンド ライン実行可能ファイルにすべてのユーティリティがパッケージ化されています。このプログラムは matlabroot\etc\$ARCH フォルダーにあります。ここで、matlabroot は MATLAB インストール フォルダーであり、$ARCHwin64 などのプラットフォーム固有のサブフォルダーです。たとえば、ネットワーク ライセンス マネージャーのステータス チェックを実行するには、DOS コマンド ウィンドウを開き、lmstat を引数として指定して lmutil を実行します。

lmutil lmstat -a -c "C:\Program Files\MATLAB\R2022b\etc\license.dat"

-a オプションを指定すると、詳細なリストが表示されます。また、-c オプションも指定して、使用するライセンス ファイルを指定しなければなりません。このオプションは、lmutil オプションを指定するときに必ず使用しなければなりません。インストールのパスがスペースを含む場合は、パスを引用符で囲んでください。以下のリストは、返される情報の抜粋です。

lmutil - Copyright (c) 1989-2018 Flexera Software Inc. All Rights Reserved.
Flexible License Manager status on Fri 12/17/2021 10:11

[Detecting lmgrd processes...]
License server status: 27000@lmsvr-837962
License File(s) on lmsvr-837962: C:\Program Files\MATLAB\R2022b\etc\license.dat:

  lmsvr-837962: license server UP (MASTER) v.11.16.2

Vendor daemon status (on lmsvr-837962):

    MLM: UP v11.16.2

Feature usage info:

Users of MATLAB: (Total of 5 licenses available)

Users of SIMULINK: (Total of 5 licenses available)

Users of Control_Toolbox: (Total of 5 licenses available)

Users of Identification_Toolbox: (Total of 5 licenses available) 

lmutil パッケージ内の全ユーティリティのリストを表示するには、以下を入力します。

lmutil -h

特定のユーティリティのヘルプを取得するには、次の例に示すようにユーティリティ名を -h オプションと共に入力します。

lmutil lmstat -h

Linux コンピューターおよび macOS コンピューターでは、これらのライセンス管理ユーティリティは個別の実行可能ファイルで、matlabroot/etc フォルダーにあります。たとえば、ネットワーク ライセンス マネージャーのステータスを表示するには、次のように lmstat ユーティリティを使用します。

lmstat -a

lmutil - Copyright (c) 1989-2018 Flexera Software Inc. All Rights Reserved.
Flexible License Manager status on Fri 12/17/2021 10:11

License server status: 27000@lmsvr-837962
License File(s) on lmsvr-837962: /usr/local/MATLAB/R2022b/etc/license.dat:

  lmsvr-837962: license server UP (MASTER) v.11.16.2

Vendor daemon status (on lmsvr-837962):

    MLM: UP v11.16.2

Feature usage info:

Users of MATLAB: (Total of 5 licenses available)

Users of SIMULINK: (Total of 5 licenses available)

特定のユーティリティのヘルプを取得するには、次の例のように -h オプションを使用します。

lmstat -h

次の表には、最も役立つライセンス管理ツールの名前が一覧表示されています。

ユーティリティ説明

lmdiag

ライセンスのチェックアウトの問題を診断します。

lmdown

ライセンス サーバー ノードにおけるすべてのライセンス デーモン (lmgrd とすべてのベンダー デーモン) をシャットダウンします。

lmhostid

システムのホスト ID を報告します。

lmreread

ネットワーク ライセンス マネージャーでライセンス ファイルを再度読み取り、新しいベンダー デーモンがあればすべて起動します。

メモ

lmreread を使用してユーザーベース ライセンスのライセンス ファイルを再処理する場合、関連するネットワーク ライセンス マネージャーのオプション ファイル内の INCLUDE ステートメントに対する変更は、15 分遅れで有効になります。

lmstat

すべてのネットワーク ライセンス アクティビティのステータスを表示します。

lmswitchr

別のレポート ログ ファイルに切り替えます。

lmver

ライブラリ ファイルまたはバイナリ ファイルのバージョンを確認します。

謝辞

このトピックには、ネットワーク ライセンス マネージャーのベンダー デーモンで使用されているコンテンツの著作権所有者をリストしています。

MD5

MD5 derived from RSADSI MD5 Message-Digest Algorithm.Copyright (C) 1991-2, RSA Data Security, Inc. Created 1991.All rights reserved.

License to copy and use this software is granted provided that it is identified as the "RSA Data Security, Inc. MD5 Message-Digest algorithm" in all material mentioning or referencing this software or this function.

License is also granted to make and use derivative works provided that such works are identified as "derived from the RSA Data Security, Inc. MD5 Message-Digest Algorithm" in all material mentioning or referencing the derived work.

RSA Data Security, Inc. makes no representations concerning either the merchantability of this software or the suitability of this software for any particular purpose.It is provided "as is" without express or implied warranty of any kind.

These notices must be retained in any copies of any part of this documentation and/or software.

関連するトピック