Main Content

ネットワーク ライセンス マネージャーの起動

ネットワーク ライセンス マネージャーは、組織内のエンド ユーザーが MathWorks® 製品を使用できるように、チェックアウト可能なライセンスを管理します。ライセンス マネージャーを起動する手順は、オペレーティング システムによって異なります。

前提条件

  • ネットワーク ライセンス マネージャーがインストールされている。ライセンス サーバーへのライセンス マネージャーのインストールを参照してください。

  • ネットワーク ライセンス マネージャーに関連付けられているユーザー名が、ネットワーク上ではなく、ローカルのコンピューター上で定義されている。ライセンス マネージャーは、ネットワーク ユーザーが使用可能になる前に、起動プロセスでユーザー名がローカルのコンピューターで検出された場合にのみ正常に起動します。

Windows での起動

Windows® でネットワーク ライセンス マネージャーを起動するには、以下のオプションのいずれかを使用します。

lmtools.exe を使用した対話的起動

lmtools.exe ライセンス管理ユーティリティが、ネットワーク ライセンス マネージャーのインストールに含まれています。

  1. ファイル エクスプローラーで lmroot\etc\win64 フォルダーに移動します。ここで、lmroot はネットワーク ライセンス マネージャーをインストールした場所です。たとえば、次のサンプル パスでは現在のリリースの既定のインストールの場所を使用しています。

    C:Program Files\MATLAB\R2023b\etc\win64
  2. lmtools.exe をダブルクリックしてネットワーク ライセンス マネージャーを開きます。

  3. [Start/Stop/Reread] タブで [Start Server] をクリックします。

ネットワーク ライセンス マネージャーを停止するには、このタブで [Stop Server] をクリックします。

Windows サービスとしての起動

インストール時にサービスとしてネットワーク ライセンス マネージャーを構成した場合、Windows の [サービス] コントロール パネルを使用してマネージャーを起動できます。

  1. Windows の [スタート] メニューでサービスを検索し、[サービス] アプリを選択します。

  2. [サービス] ウィンドウでネットワーク ライセンス マネージャー サービスを選択します。既定では、このサービスの名前は [MATLAB License Server] です。

  3. サービス名をダブルクリックし、[プロパティ] ダイアログ ボックスで [開始] をクリックします。

ネットワーク ライセンス マネージャーを停止するには、このダイアログ ボックスで [停止] をクリックします。

コンピューターを再起動すると、サービスによってネットワーク ライセンス マネージャーが自動的に起動します。したがって、サービスを手動で開始する必要があるのは、インストール後に再起動していない場合のみです。

コマンド プロンプトからのアプリケーションとしての起動

Windows コマンド プロンプトで、lmgrd.exe ライセンス マネージャーのバイナリ ファイルを使用してネットワーク ライセンス マネージャーを起動できます。このファイルは、ネットワーク ライセンス マネージャーのインストールに含まれています。

ネットワーク ライセンス マネージャーへの望ましくないアクセスを防止するために、このバイナリ ファイルをインターネットや信頼されていないネットワークに公開しないでください。

  1. Windows コマンド プロントで lmroot\etc\arch フォルダーに移動します。ここで、lmroot はネットワーク ライセンス マネージャーをインストールした場所、archwin64 などのプラットフォーム固有のアーキテクチャです。以下に例を示します。

    cd "C:\Program Files\MATLAB\R2023b\etc\win64"
  2. ネットワーク ライセンス マネージャーを起動します。

    lmgrd.exe -c licFile -l logFile

    • licFile は、license.dat などのライセンス ファイルへのパスです。

    • logFile は、lmlog.txt などのネットワーク ライセンス マネージャーのログ ファイルへのパスです。

ネットワーク ライセンス マネージャーを停止するには、以下のコマンドを入力します。

lmgrd.exe -c licFile lmdown -q

Linux または macOS での起動

Linux® および macOS システムでは、lmstart スクリプトまたはライセンス マネージャーのバイナリのいずれかを使用してコマンド ラインからのみネットワーク ライセンス マネージャーを起動できます。

lmstart スクリプトを使用した起動

lmstart スクリプトは、ダウンロード ページから入手できる MathWorks インストーラーを使用してネットワーク ライセンス マネージャーをインストールした場合にのみ、ご使用のインストール環境で使用可能です。

  1. ご使用のオペレーティング システムのコマンド プロンプトで lmroot\etc フォルダーに移動します。ここで、lmroot はネットワーク ライセンス マネージャーをインストールした場所です。

    オペレーティング システム
    Linuxcd ~/MATLAB/R2023b/etc
    macOS (Intel® プロセッサまたは Apple シリコン)cd /Applications/MATLAB_R2023b.app/etc
  2. ネットワーク ライセンス マネージャーを起動します。lmstart スクリプトは、現在実行されているデーモンをすべて停止し、新しいデーモンを起動します。

    ./lmstart

ライセンス マネージャーのバイナリを使用した起動

ライセンス マネージャーのバイナリは、License Manager Download ページからダウンロードできます。バイナリ ファイルをダウンロードして解凍した後に、lmgrd バイナリを使用してネットワーク ライセンス マネージャーを起動できます。

ネットワーク ライセンス マネージャーへの望ましくないアクセスを防止するために、このバイナリ ファイルをインターネットや信頼されていないネットワークに公開しないでください。

  1. 可能であれば、ルート以外のユーザーとしてログインします。ネットワーク ライセンス マネージャー (lmgrd) はルート権限を必要としません。ルートとしてログインすると、セキュリティ上のリスクが生じるおそれがあります。

    ルート ユーザーとしてライセンス マネージャーを起動しなければならない場合は、su コマンドを使用して、username で指定した権限のないユーザーとして lmgrd を起動します。

    su username -c "lmgrd -c license_file -l /var/tmp/LM_TMW.log" 
  2. lmroot/etc/arch フォルダーに移動します。ここで、lmroot はネットワーク ライセンス マネージャーをインストールした場所です。

    オペレーティング システム
    Linuxcd /usr/local/MATLAB/R2023b/etc
    macOS (Intel プロセッサ)cd /Applications/R2023b/etc/maci64
    macOS (Apple シリコン)cd /Applications/R2023b/etc/maca64
  3. ネットワーク ライセンス マネージャーを起動します。

    lmgrd.exe -c licFile -l logFile

    • licFile は、license.dat などのライセンス ファイルへのパスです。

    • logFile は、lmlog.txt などのネットワーク ライセンス マネージャーのログ ファイルへのパスです。

ネットワーク ライセンス マネージャーを停止するには、以下のコマンドを入力します。

lmgrd.exe -c licFile lmdown -q

ネットワーク ライセンス マネージャーを自動的に起動するための構成 (Linux システムのみ)

Linux システムで、起動プロセス時にネットワーク ライセンス マネージャーが自動的に起動するように構成するには、使用している Linux ディストリビューションでサービスを自動的に起動するための標準的な方法を使用します。

-u username オプションを指定してネットワーク ライセンス マネージャー サービスを開始します。ここで username はルート ユーザー以外の有効なユーザー名を表します。

ネットワーク ライセンス マネージャーはシステム起動シーケンスの最後に起動しなければなりません。ライセンス マネージャーを正しく起動するには、ネットワークが既に実行されていなければなりません。使用している Linux のバージョンに備わっているメカニズムを使用して、起動シーケンスを設定します。

関連するトピック