ネットワーク ライセンス マネージャーの起動

MATLAB® ソフトウェアをクライアント コンピューターで起動するには、ネットワーク ライセンス マネージャーがサーバーで実行されていなければなりません。コンピューターの起動時にネットワーク ライセンス マネージャーが起動するようにオペレーティング システムを構成した場合、ネットワーク ライセンス マネージャーを起動する最も簡単な方法は、ライセンス マネージャーをインストールしたコンピューターを再起動することです。

ライセンス マネージャーを起動する方法は、プラットフォームに応じてほかにもいくつか存在します。このトピックではこれらの方法について説明します。

メモ

ネットワーク ライセンス マネージャー プロセスに関連付けられているユーザー名は、ネットワーク上で定義されているユーザーではなく、ローカルのコンピューター上で定義されているユーザーである必要があります。ライセンス マネージャーは、ネットワーク ユーザーが使用可能になる前に、起動プロセス中にユーザー名がコンピューター内で検出された場合にのみ正常に起動します。

注意

ネットワーク ライセンス マネージャーの使用時に、以下の推奨事項に従います。

  • lmgrd または mlm をインターネットまたは信頼されていないネットワークに露出しない。

  • lmdown を実行するためにローカルの管理者アクセスが必要になるように、オプション -2 -p local を指定して lmgrd を起動する。

Windows システム

Windows コンピューターのネットワーク ライセンス マネージャーは次の方法のいずれかを使用して起動できます。

  • インストール中にネットワーク ライセンス マネージャーをサービスとして設定した場合は、Windows の [サービス] コントロール パネルを使用してネットワーク ライセンス マネージャーの起動または停止を行います。Windows の [スタート] メニューから、[設定][コントロール パネル][管理ツール][サービス] を選択します。

  • ライセンス管理ユーティリティ lmtools.exe を使用します。このユーティリティは MATLAB インストールの matlabroot\etc\$ARCH フォルダー ($ARCH はプラットフォーム固有のサブフォルダー) に含まれています。lmtools.exe アプリケーションを起動し、[Start/Stop/Reread] タブを選択します。

Linux システムおよび macOS システム

ネットワーク ライセンス マネージャー デーモンを Linux コンピューターまたは macOS コンピューターで起動するには、matlabroot/etc フォルダー内の lmstart スクリプトを実行します。ここで、matlabroot は最上位の MATLAB インストール フォルダーの名前を表します。lmstart スクリプトは、現在実行されているデーモンをすべて停止し、新しいデーモンを起動します。

macOS コンピューターで lmstart を実行するには、/Applications/Utilities 内の Terminal アプリケーションを使用してターミナル ウィンドウを開き、MATLAB インストール フォルダーの /etc フォルダーに移動します。

cd /Applications/MATLAB_R2020a.app/etc

注意

ルート以外のユーザーは、lmstart スクリプトを実行してください。ルート権限を必要としないプログラムをルートとして実行すると、セキュリティ上のリスクがあるためです。ネットワーク ライセンス マネージャー (lmgrd) はルート権限を必要としません。

ルート ユーザーがライセンス マネージャーを起動しなければならない場合は、su コマンドを使用して、権限のないユーザーとして lmgrd を起動します。ここで username は、権限のないユーザーです。

su username -c "lmgrd -c license_file -l /var/tmp/LM_TMW.log"

Linux システムでネットワーク ライセンス マネージャーを自動的に起動するための設定

Linux® コンピューターの起動時にネットワーク ライセンス マネージャーが自動的に起動するように設定するには、使用している Linux ディストリビューションの標準的な自動サービス起動方法を使用します。

-u username オプションを指定してネットワーク ライセンス マネージャー サービスを開始します。ここで username はルート以外の有効なユーザー名を表します。

注意

セキュリティ上の理由により、スーパーユーザーをライセンス マネージャー デーモンの所有者にはできません。

ネットワーク ライセンス マネージャーがシステム起動シーケンスの最後に起動することを確認します。ライセンス マネージャーを正しく起動するには、ネットワークが既に実行されていなければなりません。使用している Linux のバージョンに備わっているメカニズムを使用して、起動シーケンスを設定します。

関連するトピック