ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

matlabrc

システム管理者が定義する MATLAB の開始スクリプト

構文

説明

matlabrc は MATLAB® プログラムを初期化します。開始時に MATLAB は自動的に matlabrc を実行し、その後、存在する場合は startup スクリプトを実行します。

複数のユーザーやネットワークされたシステムを管理しているシステム管理者は、matlabrc を変更してメッセージ、定義、すべてのユーザーに適用されるその他のコードを追加します。matlabrc スクリプトは matlabroot/toolbox/local フォルダーにあります。

個別のシステムでは、startup スクリプトを使用して MATLAB の開始をカスタマイズします。このスクリプトを userpath フォルダーに置きます。

ヒント

コマンド プロンプトで定義したオプションを使用して MATLAB を開始することもできます。詳細については、起動オプションの指定を参照してください。

R2006a より前に導入