ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

クラッシュのレポート

MATLAB® がクラッシュした場合、[MathWorks® クラッシュ レポーター] ダイアログ ボックスには、クラッシュ レポートを MathWorks に送信するようにプロンプトが表示されます。これを行うと、製品の改善に役立ちます。クラッシュ レポートには、スタック トレースおよび MATLAB の構成に関する情報を含む 1 つ以上のクラッシュ ログが含まれます。クラッシュ レポートの内容全体は、ダイアログ ボックスで [レポートを表示] ボタンをクリックすると確認できます。このデータは、再現手順として提供される情報と共に、MathWorks に送信される唯一の情報となります。

クラッシュの原因がわかっている場合は、再現手順が最も役立ちます。しかし、開発者が原因をより理解するには、その時点でユーザーが何をしていたかについて、あらゆる情報が役に立ちます。

  • クラッシュの原因がわかっている場合は、MathWorks Bug Reports データベースで、それに関する情報を確認してください。

  • 問題が再現可能な場合は、https://www.mathworks.com/support/contact_us.htmlでサービス リクエストを送信してください。

クラッシュ ログの特定

状況によっては、クラッシュ レポーターが開かない場合があります。たとえば、-batch オプションを使用して MATLAB を起動した場合や、配布モードで実行した場合は、クラッシュ レポーターは使用できません。異常終了が発生したものの、クラッシュ レポーターが表示されない場合は、代わりにhttps://www.mathworks.com/support/contact_us.htmlでクラッシュ ログを MathWorks に電子メールで送信できます。クラッシュ ログは、接頭辞 matlab_crash_dumpjava.log または hs_err が付いたファイルです。ログを検索するには、次のいずれかのコマンドを MATLAB コマンド ウィンドウに入力します。prefix は、matlab_crash_dumpjava.log および hs_err に置き換えてください。

  • Windows® プラットフォームの場合

    dir(fullfile(tempdir,'prefix.*.*'))

    あるいは、Windows エクスプローラーを開いて、%USERPROFILE%\AppData\Local\ フォルダーに移動します。

  • Linux® および macOS プラットフォームの場合

    dir(fullfile('~','prefix.*'))

    あるいは、macOS の場合は、Finder ウィンドウを開きます。Command + Shift + G キーを押して [フォルダへ移動] ダイアログ ボックスを開き、~ と入力します。

参考

関連するトピック