ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

MATLAB が予期せず終了した場合

MATLAB® で内部エラーが検出されると、MATLAB には、MathWorks クラッシュ レポーターまたはMathWorks クラッシュ アナライザーのいずれかのダイアログ ボックスが表示されます。いずれの場合も、MATLAB の内部状態は不安定であり、適切に使用することができません。

MathWorks クラッシュ レポーター

MathWorks クラッシュ レポーターには、関連するクラッシュ ログを MathWorks テクニカル サポートに送信するための簡単なメカニズムが備えられています。[レポートの送信] をクリックして有効な電子メール アドレスを入力すると、5 分以内に自動メッセージが送られてきます。ヘルプが必要な場合は、自動メッセージに返信すると、テクニカル サポートのエージェントから連絡があります。

電子メールが届かない場合は、テクニカル サポート (https://www.mathworks.com/support/contact_us.html) に直接問い合わせることができます。

MathWorks クラッシュ アナライザー

MATLAB が予期せず終了した場合、MATLAB は、マシン上でクラッシュ レポートをローカルで解析し、考えられる原因を特定します。解決法の候補がある場合、MATLAB に [MathWorks クラッシュ アナライザー] ダイアログ ボックスが表示されます。[解決法の表示] をクリックすると、関連する MATLAB Answers™ ページまたは MathWorks® Bug Reports データベースを指す Web ページがブラウザーで開きます。解決法の手順に従ってください。修正を適用するには、MATLAB を再起動しなければなりません。

解決法の確認後に、それが適切ではないと感じた場合は、[レポートの送信] をクリックして再現手順をウィンドウに入力します。

修正を適用しても引き続きクラッシュが発生する場合は、[レポートの送信] をクリックするか、https://www.mathworks.com/support/contact_us.htmlで直接サービス リクエストを作成します。

関連するトピック