ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

finish

MATLAB のユーザー定義終了スクリプト

構文

説明

finish は、終了時にユーザー指定コマンドを実行します。finish.m スクリプトが定義されている場合、MATLAB® は次のいずれかの操作が行われるとこのスクリプトを呼び出します。

  • Microsoft® Windows® プラットフォーム上で MATLAB デスクトップの [閉じる] ボタン をクリックするか、UNIX® プラットフォーム上で同等の操作を行う。

  • コマンド プロンプトで、quit または exit と入力する。

finish スクリプトでエラーが発生すると、関数 quit は無効になるので、ワークスペースを失うことなく、finish.m ファイルを修正できます。

すべて折りたたむ

MATLAB サンプル ファイル finishsav.m を使用して、MATLAB の終了時にワークスペースを MAT ファイルに保存します。

このファイルの内容を表示または編集するには、finishsav.m ファイルをエディターで開きます。

edit(fullfile(matlabroot,'toolbox','local','finishsav.m'));

このファイルを検索パスにコピーし、名前を finish.m に変更します。

copyfile(fullfile(matlabroot,'toolbox','local','finishsav.m'),fullfile(userpath,'finish.m'))

MATLAB サンプル ファイル finishdlg.m を使用してカスタム ダイアログ ボックスを表示し、MATLAB の終了時にキャンセルできるようにします。

このファイルの内容を表示または編集するには、finishdlg.m ファイルをエディターで開きます。

edit(fullfile(matlabroot,'toolbox','local','finishsav.m'));

このファイルを検索パスにコピーし、名前を finish.m に変更します。

copyfile(fullfile(matlabroot,'toolbox','local','finishdlg.m'),fullfile(userpath,'finish.m'))

この確認ダイアログ ボックスを表示するには、一般設定[MATLAB を終了する前に確認] オプションを設定します。

ヒント

  • finish.m 内でグラフィックス オブジェクトを使用している場合、その Figure が表示されるように、関数 uiwait、関数 waitfor または関数 drawnow を呼び出します。

参考

| |

トピック

R2006a より前に導入