ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

よく使われる起動オプション

次の表に、matlab コマンドで一般的に使用される起動オプションを示します。オプションの完全なリストについては、matlab (Windows)matlab (macOS) または matlab (Linux) の入力引数を参照してください。

プラットフォーム

オプション

説明

すべて

-c licensefile

LM_LICENSE_FILElicensefile に設定します。このファイルは port@host という形式です。

すべて

-h or -help

MATLAB® を起動せずに起動オプションを表示します。

すべて

-logfile "logfilename"

MATLAB からの出力を指定したログ ファイルに自動的に書き込みます。

Windows® プラットフォーム

-minimize

デスクトップを最小化して MATLAB を起動します。MATLAB を最後に閉じたときにアンドックされていたデスクトップ ツールまたはドキュメントは起動時に最小化されません。

macOS および Linux® プラットフォーム

-nojvm

JVM™ を読み込まないで、MATLAB を起動します。これによってメモリ使用量が最小化され、初期起動スピードも改善されますが、機能が制限されます。nojvm オプションを使用すると、デスクトップだけでなく Java® を必要とするすべてのツールが使用できなくなります。

たとえば -nojvm オプションで MATLAB を起動した場合は設定ダイアログで設定できません。しかし、-nojvm オプションを使わずに MATLAB を起動し、設定して MATLAB を終了することは可能です。MATLAB は -nojvm オプションを使った場合においても再起動したときに設定を記憶しています。

すべて

-nosplash

スプラッシュ スクリーンを表示せずに MATLAB を起動します。

すべて

-batch "statement"

指定したステートメントを非対話型で実行します。

すべて

-r "statement"

指定したステートメントを対話型で実行します。

すべて

-singleCompThread

単一の計算スレッドに制限して MATLAB を使用します。既定の設定では、Windows は実行先コンピューターのマルチスレッド機能を利用します。

オプションの完全なリストについては、matlab (Windows)matlab (macOS) または matlab (Linux) の入力引数を参照してください。

参考

| |