最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

外部コードの統合

ユーザーが作成した固定小数点 S-Function と外部コードとの統合

例および操作のヒント

MEX ファイルの作成

固定小数点 S-Function の MEX ファイルを作成するのに必要な追加ステップについて説明します。

入力端子のデータ型の取得

S-Function 内では、さまざまな端子のデータ型、ランタイム パラメーター、および DWork を調べる必要がある場合があります。

出力端子のデータ型の設定

さまざまな端子のデータ型、ランタイム パラメーター、または DWork を S-Function で設定する場合があります。

入力値の解釈

S-Function で使用する入力端子の信号の値を取得する必要があるとします。

出力値の記述

出力信号の値を S-Function で出力端子に書き込む必要があるとします。

入力型を使用した出力型の判別

sfun_user_fxp_asr.c の 243 ~ 261 行目の以下のサンプル コードは、入力のデータ型を S-Function に使用して出力のデータ型を計算する例を示しています。

概念

サポートするデータ型

API がサポートしているデータ型を一覧表示し、整数の処理とオーバーライドされたデータ型の信号について説明します。

S-Function の構造

固定小数点データ型を直接取り扱う S-Function の基本構造を説明します。

ストレージ コンテナー

シミュレーションとコード生成で信号を保持するのに使用されるコンテナーについて説明します。

データ型 ID

S-Function でのデータ型についての情報の取得方法と設定方法を含めて、データ型 ID の作成、割り当て、使用について説明します。

オーバーフローの処理と丸め手法

固定小数点 S-Function でオーバーフローの処理および丸め手法を定義するために使用できるトークンについて説明し、オーバーフローのログ構造体について説明します。

API 関数リファレンス

ユーザー記述の固定小数点 S-Function 用の API のリファレンス ページをアルファベット順に記載します。

注目の例