Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ssLogFixptInstrumentation

シミュレーション中に収集された情報を記録

構文

extern void ssLogFixptInstrumentation
                              (SimStruct *S,
                               double minValue,
                               double maxValue,
                               int countOverflows,
                               int countSaturations,
                               int countDivisionsByZero,
                               char *pStrName)

引数

S

S-Function ブロックを表す SimStruct。

minValue

シミュレーション中に生じる出力の最小値。

maxValue

シミュレーション中に生じる出力の最大値。

countOverflows

シミュレーション中に生じるオーバーフロー数。

countSaturations

シミュレーション中に生じる飽和数。

countDivisionsByZero

シミュレーション中に生じるゼロ除算数。

*pStrName

文字列引数は現在使用されていません。

説明

ssLogFixptInstrumentation は、生じた出力の最大値および最小値、オーバーフロー、飽和、ゼロ除算などのシミュレーション中に収集された情報を記録します。固定小数点ツールには、シミュレーション後にこの情報が表示されます。

必要条件

この関数を使用するには、fixedpoint.h および fixedpoint.c をインクルードしなければなりません。詳細は、S-Function の構造を参照してください。

言語

C

R2008b で導入