Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ssFxpConvert

あるデータ型から別のデータ型に値を変換

構文

extern void ssFxpConvert  (SimStruct *S,
                           void *pVoidDest,
                           size_t sizeofDest, 
                           DTypeId dataTypeIdDest, 
                           const void *pVoidSrc, 
                           size_t sizeofSrc, 
                           DTypeId dataTypeIdSrc, 
                           fxpModeRounding roundMode,
                           fxpModeOverflow overflowMode,
                           fxpOverflowLogs *pFxpOverflowLogs)

引数

S

S-Function ブロックを表す SimStruct。

pVoidDest

変換した値を指すポインター。

sizeofDest

変換した値のメモリ内のサイズ。

dataTypeIdDest

変換した値のデータ型 ID。

pVoidSrc

変換する値を指すポインター。

sizeofSrc

変換する値のメモリ内のサイズ。

dataTypeIdSrc

変換する値のデータ型 ID。

roundMode

変換時に精度低下が必要な場合に使用する丸めモード。使用可能な値は、FXP_ROUND_CEILFXP_ROUND_CONVERGENTFXP_ROUND_FLOORFXP_ROUND_NEARFXP_ROUND_NEAR_MLFXP_ROUND_SIMPLEST および FXP_ROUND_ZERO です。

overflowMode

変換時にオーバーフローが発生した場合に使用するオーバーフロー モード。使用可能な値は FXP_OVERFLOW_SATURATE および FXP_OVERFLOW_WRAP です。

pFxpOverflowLogs

固定小数点オーバーフローのログ構造体を指すポインター。

説明

この関数は、登録された組み込みデータ型または固定小数点データ型の値をその他の登録された組み込みデータ型または固定小数点データ型に変換します。

必要条件

この関数を使用するには、fixedpoint.h および fixedpoint.c をインクルードしなければなりません。詳細は、S-Function の構造を参照してください。

言語

C

TLC 関数

なし

R2006a より前に導入