Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ssRegisterDataTypeHalfPrecision

半精度データ型を登録し、そのデータ型 ID を返す

構文

extern int ssRegisterDataTypeHalfPrecision
                                         (SimStruct *S,
                                         int obeyDataTypeOverride)

引数

S

S-Function ブロックを表す SimStruct。

obeyDataTypeOverride

TRUE は、Data Type Override 設定が満たされていることを示します。Data Type Override の値に応じて、結果のデータ型は DoubleSingleScaled double、または関数の他の引数で指定される固定小数点データ型になります。

FALSE は、Data Type Override 設定が無視されていることを示します。

説明

この関数は Simulink® ソフトウェアに半精度データ型を完全に登録し、データ型 ID を返します。標準の Simulink 関数 ssRegisterDataType と異なり、追加の登録ステップを実行する必要はありません。データ型 ID は、入力端子と出力端子のデータ型、ランタイム パラメーター、DWork の状態を指定するのに使用できます。また、関数 ssGetDataTypeSize などの simstruc.h の標準データ型のすべてのアクセス メソッドでも使用できます。

半精度データ型を登録する場合は、この関数を使用してください。サポートされる半精度形式の詳細については、半精度形式を参照してください。

登録されたデータ型が Simulink の組み込みデータ型のいずれかでないため、Fixed-Point Designer™ ソフトウェア ライセンスがチェックアウトされます。モデルを開いたり表示したりするときに Fixed-Point Designer ソフトウェア ライセンスがチェックアウトされないようにするには、次のようにして登録呼び出しを保護します。

if (ssGetSimMode(S) != SS_SIMMODE_SIZES_CALL_ONLY )
	ssRegisterDataType...

メモ:

データ型 ID の割り当ての性質のため、S-Function でのデータ型についてデータ型 ID から情報を抽出するためには、常に API 関数を使用する必要があります。詳細は、データ型 IDを参照してください。

要件

この関数を使用するには、fixedpoint.h および fixedpoint.c をインクルードしなければなりません。詳細は、S-Function の構造を参照してください。

言語

C

TLC 関数

なし

R2020b で導入