Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

浮動小数点の指定とシミュレーション

MATLAB® と Simulink® での浮動小数点データ型の使用、データ型の一時的なオーバーライド

MATLAB と Simulink で、単精度、半精度などの浮動小数点データ型を指定します。シミュレーションとコード生成において、flush-to-zero などの非正規化浮動小数点数に対するターゲット ハードウェアの動作をエミュレートします。モデル内のデータ型を一時的にオーバーライドし、理想的な浮動小数点の動作と実際の設計を比較します。