Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

MATLAB での浮動小数点の指定

単精度、半精度などの浮動小数点データ型を指定して使用する

単精度数は 32 ビットのみを使用するため倍精度数より必要メモリが少なくて済みますが、浮動小数点演算から多くの利点が得られます。半精度データ型は 16 ビットのメモリしか占有しませんが、その浮動小数点表現を使ってこのデータ型で同じサイズの整数データ型または固定小数点データ型よりも広いダイナミック レンジを処理できます。CustomFloat オブジェクトは、指定した語長と仮数部の長さをもつ浮動小数点数値データ型を定義するために使用できます。

クラス

Simulink.NumericType浮動小数点、整数、または固定小数点データ型の指定
target.FloatingPointDataTypeDescribe floating point data type implemented by compiler for target hardware

関数

すべて展開する

single単精度配列
half半精度数値オブジェクトの作成
pow10基数 10 べき乗と半精度数のスケーリング
rsqrt逆数平方根
fma融合積和演算法を使用した乗算と加算
target.addターゲット オブジェクトを内部データベースに追加
target.createターゲット オブジェクトを作成
target.get内部データベースからのターゲット オブジェクトの取得
target.remove内部データベースからのターゲット オブジェクトの削除
CustomFloatカスタムの浮動小数点データ型をもつ数値オブジェクト

パッケージ

targetターゲット ハードウェア情報の管理

トピック

関連情報