Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ssRegisterDataTypeFxpFSlopeFixExpBias

小数部の勾配、固定小数点の指数、バイアスで指定される、[勾配 バイアス] スケーリングで固定小数点データ型を登録し、そのデータ型 ID を返します。

構文

extern DTypeId ssRegisterDataTypeFxpFSlopeFixExpBias
                                     (SimStruct *S,
                                      int isSigned,
                                      int wordLength,
                                      double fractionalSlope,
                                      int fixedExponent,
                                      double bias,
                                      int obeyDataTypeOverride)

引数

S

S-Function ブロックを表す SimStruct。

isSigned

符号付データ型の場合は TRUE

符号なしデータ型の場合は FALSE

wordLength

データ型の総ビット数。符号ビット数を含みます。

fractionalSlope

データ型の小数部の勾配。

fixedExponent

データ型の勾配の指数。

bias

データ型のスケーリングのバイアス。

obeyDataTypeOverride

TRUE は、サブシステムに対する Data Type Override 設定が満たされていることを示します。Data Type Override の値に応じて、結果のデータ型は DoubleSingleScaled double、または関数の他の引数で指定される固定小数点データ型になります。

FALSE は、Data Type Override 設定が無視されていることを示します。

説明

この関数は Simulink® ソフトウェアに固定小数点データ型を完全に登録し、データ型 ID を返します。標準の Simulink 関数 ssRegisterDataType と異なり、追加の登録ステップを実行する必要はありません。データ型 ID は、入力端子と出力端子のデータ型、ランタイム パラメーター、DWork の状態を指定するのに使用できます。また、関数 ssGetDataTypeSize などの simstruc.h の標準データ型のすべてのアクセス メソッドでも使用できます。

語長、小数部の勾配、固定小数点の指数、バイアスを指定して固定小数点データ型を登録したい場合は、この関数を使用してください。あるいは、固定小数点を登録する他の関数を使用することもできます。

登録されたデータ型が Simulink の組み込みデータ型のいずれかでない場合は、Fixed-Point Designer™ ソフトウェア ライセンスがチェックアウトされます。モデルを単に開いたり表示したりするときに Fixed-Point Designer ソフトウェア ライセンスがチェックアウトされないようにするには、次のようにして登録呼び出しを保護します。

if (ssGetSimMode(S) != SS_SIMMODE_SIZES_CALL_ONLY )
	ssRegisterDataType...

メモ:

データ型 ID の割り当ての性質のため、S-Function でのデータ型についてデータ型 ID から情報を抽出するためには、常に API 関数を使用する必要があります。詳細は、データ型 IDを参照してください。

必要条件

この関数を使用するには、fixedpoint.h および fixedpoint.c をインクルードしなければなりません。詳細は、S-Function の構造を参照してください。

言語

C

TLC 関数

なしデータ型は、Simulink ソフトウェアに登録する必要があります。データ型の登録は、TLC ではサポートされていません。

R2006a より前に導入