Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ssFxpSetU32BitRegionCompliant

33 ビット以上の固定小数点データ型の U32 ビット領域インターフェイス準拠を宣言します。

構文

extern ssFxpSetU32BitRegionCompliant(SimStruct *S,
                          int Value)

引数

S

S-Function ブロックを表す SimStruct。

Value
  • 1 は、33 ビット以上の固定小数点データ型のメモリ フットプリントの遵守を宣言します。

説明

この関数は、33 ビット以上のデータ型の Fixed-Point Designer™ ビット領域インターフェイスの準拠を宣言します。33 ビット以上のデータ型のメモリ フットプリントは、MATLAB® ホスト プラットフォームごとに異なり、ソフトウェア リリースによって異なる場合もあります。メモリ フットプリントの変更に対して S-Function のロバスト性を維持するには、U32 ビット領域インターフェイスを使用します。異なる MATLAB ホスト プラットフォームや R2008b 以降の任意のソフトウェア リリースで、同一のソース コードを使用できます。ソフトウェア リリース間でメモリ フットプリントが変更された場合でも、U32 ビット領域準拠の S-Function をコンパイルしなおす必要はありません。

S-Function を U32 ビット領域準拠にするには、33 ビット以上のデータで他の Fixed-Point Designer API 関数を呼び出す前に、次の方法でこの関数を呼び出さなければなりません。

ssFxpSetU32BitRegionCompliant(S,1);

S-Function ブロックに 33 ビット以上の固定小数点データ型が含まれている場合、この関数を mdlInitializeSizes() で呼び出します。

メモ

Fixed-Point Designer ソフトウェアは、ssFxpSetU32BitRegionCompliant を呼び出さずに 33 ビット以上の固定小数点データ型を使用する S-Function が、R2007b まで存在した旧式のメモリ フットプリントを使用すると想定しています。これらの S-Function を再設計するか、fixpt_legacy_sfun_support ライブラリ を使用して分離してください。

必要条件

この関数を使用するには、fixedpoint.h および fixedpoint.c をインクルードしなければなりません。詳細は、S-Function の構造を参照してください。

言語

C

R2009a で導入