Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ssGetDataTypeIsScalingTrivial

登録されたデータ型のスケーリングが勾配 = 1、バイアス = 0 であるかどうかを判定

構文

extern int ssGetDataTypeIsScalingTrivial (SimStruct *S, DTypeId
                                          dataTypeId)

引数

S

S-Function ブロックを表す SimStruct。

dataTypeId

スケーリングが自明であるかどうかを調べるための登録されたデータ型のデータ型 ID。

説明

この関数は、登録されたデータ型のスケーリングが自明であるかどうかを判定します。[勾配 バイアス] 表現では、固定小数点数は以下のように表現することができます。

real-world value = (slope × integer) + bias

自明のスケーリングでは、slope  =  1 で、bias  =  0. です。

2 進小数点のみのスケーリングで説明すると、自明のスケーリングの 2 進小数点は最下位ビットの右になり、小数部の長さがゼロを意味します。

real-world value = integer × 2–fraction length = integer × 20

いずれの場合も、自明のスケーリングは実際値が単に整数格納値に等しいことを意味します。

real-world value = integer

int8 などの純粋な整数ではスケーリングは常に自明であり、真の浮動小数点型の singledouble でもまた自明です。

この関数は、関数 ssGetDataTypeIsFxpFltApiCompatFALSE を返すとエラーを発生します。

必要条件

この関数を使用するには、fixedpoint.h および fixedpoint.c をインクルードしなければなりません。詳細は、S-Function の構造を参照してください。

言語

C

TLC 関数

FixPt_DataTypeIsScalingTrivial

R2006a より前に導入