MATLAB® および Simulink® を使用して、Xilinx® Zynq® UltraScale+™ RFSoC デバイスで無線システム設計の開発、展開、検証を行います。 

  • ハードウェアと MATLAB および Simulink 間のデータストリーミングによる RF 性能の特性評価。
  • 規格準拠 (5G および LTE) の波形とカスタム波形の活用。
  • ハードウェア アーキテクチャおよびアルゴリズムのモデル化とシミュレーション。
  • HDL コードと C コードの自動生成を使用したハードウェアへのシステム展開。
  • MATLAB および Simulink のテスト環境に接続されたハードウェア上で実行されているアルゴリズムのデバッグおよび検証。

ストリーミングデータによるシステムの RF 性能の検証

MATLAB および Simulink を使用して、規格準拠の 5G、LTE、およびカスタムの波形をハードウェアとの間でストリーミングします。MATLAB で結果を測定して、Qorvo RF フロントエンドを搭載した Avnet® Zynq UltraScale+ RFSoC 開発キットなどのシステムの RF 性能の特性評価を行います。

Xilinx RFSoC および Avnet RFSoC 開発キット

コード例とドキュメンテーション

無線システムのシミュレーションと Xilinx Zynq UltraScale+ RFSoC へのモデルの展開

SoC アーキテクチャのシミュレーションおよび解析、アルゴリズムモデルからの HDL コードと組み込み C コードの生成、および Xilinx Zynq UltraScale+ RFSoC ZCU111 評価キットのようなプロトタイプ ハードウェアへのシステム展開を行います。


Zynq UltraScale+ RFSoC ハードウェア上に展開されたアルゴリズムの検証

MATLAB および Simulink のテストベンチを使用したコシミュレーションによって、展開された RTL を検証します。MATLAB を使用してボード上のメモリにアクセスして、ハードウェアでテストおよびデバッグを行います。