Wireless HDL Toolbox

5G New Radio (NR)

セルサーチとマスター/システム情報ブロック (MIB/SIB1) リカバリ向けに、事前構築済みかつ検証済みの 5G NR サブシステム IP を統合します。LDPC、Polar、CRC などの 5G NR IP ブロックを使用して、カスタムハードウェアを設計します。

構成可能な OFDM

直交周波数分割多重 (OFDM とは (5:16)) ハードウェア サブシステム IP を使用してデータを送信および受信します。HDL 向けに最適化された IP ブロックを使用して、OFDM ベースのカスタム FPGA または ASIC ハードウェアを設計します。

衛星通信

FPGA または ASIC 実装に対応した DVB-S2 および CCSDS ベースの衛星通信を設計します。DVB-S2 受信機などのサブシステム IP を統合したり、HDL 向けに最適化された IP ブロックを使用して独自の IP を開発したりできます。

WLAN

FPGA または ASIC ハードウェアに対応した無線 LAN 通信システムを開発します。WLAN 受信機または時間および周波数同期サブシステムから始めるか、あるいは IP ブロックを使用してカスタム機能を作成します。

LTE

セルサーチ、マスター/システム情報ブロック (MIB/SIB1) リカバリ、または多入力多出力 (MIMO) LTE 送信機向けに、事前構築済みかつ検証済みの 4G LTE サブシステム ハードウェア IP を統合します。

カスタム通信

ハードウェアで実証済みの基本ブロック IP を使用して、カスタム通信システムを開発します。デジタル プリディストーター (DPD) や可変サイズ FFT などの設計例を使用して、すぐに開発を始められます。

検証

ハードウェア対応モデルのシミュレーションを実行しながら、その結果を MATLAB のリファレンス アルゴリズムと比較します。HDL Verifier により、生成された HDL を使用したコシミュレーションや、RTL 検証用のモデルの生成を行います。

FPGA、ASIC、および SoC への展開

HDL Coder を使用して、アプリケーションのターゲットを FPGA ベースのソフトウェア無線 (SDR) プラットフォームに設定し、ライブの OTA (over-the-air) 信号を使用してプロトタイプを作成し、同じモデルを量産展開に再利用できます。

「Wireless HDL Toolbox™ の LTE ゴールデン リファレンス モデルを活用し、HDL Coder™ を使用してモデルのコードを Zynq® UltraScale+™ RFSoC ボードに展開することにより、実装を加速させることができました。この方法で、エンジニアリングの作業量を少なくとも 1 年分減らすことができたため、デジタルエンジニアを増員することなく、私 1 人で実装を完了できました。」

Matthew Weiner, RF Pixels