革新的な無線通信デバイスを設計するには、複数の専門分野にまたがる密接な共同作業が必要です。アルゴリズムモデルを FPGA ハードウェアに展開することで、ラピッド プロトタイピングと実機でのテストが可能になります。また、システムレベルのアルゴリズムから直接 HDL コードを自動生成することにより、実装や検証の時間のかかる手順を省くことができます。 

このホワイトペーパー では、5G NR セルサーチの設計を使用してプロセスを解説し、MATLAB® アルゴリズムおよび Simulink® モデルを FPGA 用の HDL に直接変換するためのワークフローを説明します。

トピックには以下の内容が含まれます。

  • MATLAB および 5G Toolbox を使用した 5G NR 規格に準拠したアルゴリズム モデリング
  • フレームベースの MATLAB アルゴリズムから Simulink のストリーミング実装への移行
  • Fixed-Point Designer™ を使用した固定小数点の実装とターゲットハードウェアの知識
  • 実証済みの IP ブロックを使用した設計期間の短縮
  • ターゲットハードウェア (今回は Xilinx® Zynq® デバイス) での HDL の生成および展開

30日間無料トライアル

MATLAB、Simulink、その他の製品を試してみる。

詳細を見る