FPGA、ASIC、および SoC 開発向け MATLAB

ワークフローの自動化 — アルゴリズムの開発からハードウェアの設計および検証まで

特定分野の専門家およびハードウェア エンジニアは、MATLAB® および Simulink® を使用して、FPGA、ASIC、および SoC デバイス上に展開するためのプロトタイプおよび本番環境アプリケーションを開発します。

  • Simulink を使用してデジタル、アナログ、およびソフトウェアをともに高い抽象度でモデリングおよびシミュレーションする
  • 自動ガイダンスを用いて固定小数点に変換したり、任意のターゲットデバイスに対するネイティブ浮動小数点演算を生成したりする
  • メモリ、バス、および I/O をモデリングしてハードウェア アーキテクチャおよびソフトウェア アーキテクチャを分析する
  • デジタルロジックに実装するために、最適化され、可読性に優れた、トレース可能な VHDL® または Verilog® を生成する
  • 組み込みプロセッサをターゲットとするプロセッサに最適化済みの C/C++ コードを生成する
  • HDL シミュレータか、MATLAB または Simulink のテストベンチに接続された FPGA または SoC デバイスで実行されているアルゴリズムを検証する

MATLAB および Simulink 製品は、AC モーター制御ソフトウェア無線、および組み込み画像などのアプリケーションに使用できます。

「Simulink は、システム設計者とハードウェア設計者との間のコミュニケーションに役立ちます。Simulink という共通言語のおかげで、私たちは知識、アイデア、設計を交換することができます。Simulink と HDL Coder により、VHDL 構文とコーディングルールのチェックではなく、アルゴリズムの開発と、シミュレーションを介した設計の微調整に集中できます。」

Marcel van Bakel, Philips Healthcare