FPGA、ASIC、および SoC 開発向け MATLAB

ワークフローの自動化 — アルゴリズムの開発からハードウェアの設計および検証まで

特定分野の専門家およびハードウェア エンジニアは、MATLAB® および Simulink® を使用して、FPGA、ASIC、および SoC デバイス上に展開するためのプロトタイプおよび量産アプリケーションを開発します。

MATLAB と Simulink を使用すると、次のことが可能になります。

  • デジタル、アナログ、およびソフトウェアをともに高い抽象度でモデル化およびシミュレーションする
  • 自動ガイダンスを用いて固定小数点に変換したり、任意のターゲットデバイスに対するネイティブ浮動小数点演算を生成したりする
  • メモリ、バス、および I/O をモデル化してハードウェア アーキテクチャおよびソフトウェア アーキテクチャを解析する
  • デジタルロジックに実装するために、最適化され、可読性に優れた、トレース可能な VHDL® または Verilog® を生成する
  • 組み込みプロセッサをターゲットとするプロセッサに最適化済みの C/C++ コードを生成する
  • MATLAB または Simulink のテストベンチに接続された HDL シミュレータ、 FPGA または SoC デバイスで実行されているアルゴリズムを検証する

「モデルベースデザインでは、従来の設計フローよりもアルゴリズムとシステム機能を早期に検証し、仕様変更により早く対応し、より多くの設計の代替案を評価できます。モデルベースデザインはアルゴリズムの専門家と RTL エンジニアの間のギャップを埋めるのに役立ちます。」

Mamoru Kamiya, Renesas System Design

MATLAB と Simulink の活用方法を見る:

セクション

FPGA プロトタイピング

MATLAB と Simulink を使用してプロトタイプを開発、展開、およびデバッグします。

セクション

FPGA、ASIC、および SoC の量産設計と検証

MATLAB と Simulink を使用して、ハードウェア アーキテクチャでアルゴリズムを調整し、コードと検証モデルを生成します。

セクション

HDL コード生成入門

ミックスドシグナル システムの例、ビデオ、チュートリアルをご覧いただけます。

MATLAB から FPGA への 5 つのステップ (23:03)