ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

イベント関数

既定のモデル初期化メソッドと終了メソッドのカスタマイズ

カスタム ルーチンを既定のモデル初期化メソッドと終了メソッドに追加して、動的な起動とシャットダウン動作をモデル化します。シミュレーション時に、イベントで実行されるメソッドを制御します。初期値でブロックを再初期化 (リセット) する関数を作成します。

ブロック

すべて展開する

Initialize Functionモデル初期化イベントでコンテンツを実行します。
Reset Functionモデル リセット イベントでコンテンツを実行する
Terminate Functionモデルの終了イベントでコンテンツを実行する
Event Listenerイベント端子を Subsystem ブロックに追加
State Readerブロックの状態を読み取る
State Writerブロックの状態に書き込む
Parameter Writerモデル インスタンス パラメーターへの書き込み
Resettable Subsystem 外部トリガーでブロックの状態がリセットされるサブシステム
Resetサブシステムにリセット端子を追加

トピック

初期化関数、リセット関数および終了関数

初期化関数、リセット関数および終了関数の使用

初期化関数呼び出しイベントを使用してブロックの状態を設定します。終了関数呼び出しイベントを使用してブロックの状態を保存します。

関数呼び出しを生成するテスト ハーネスの作成

初期化関数、リセット関数および終了関数呼び出しイベントをスケジュールする。

パラメーター値の初期化とリセット

Parameter Writer ブロックを使用して、モデル インスタンス パラメーターの値を変更する。

初期化関数、リセット関数および終了関数の制限

サポートされていないブロックと機能の一覧。

Resettable Subsystem

Resettable Subsystem の使用

トリガー信号によってすべてのブロックの状態をリセットするサブシステムを作成します。

注目の例