Main Content

検証、妥当性確認、テスト

モデルベースデザインを使用した組み込みシステムの検証と妥当性確認

体系的な検証により、設計で要件を正確に実装していること、およびテストを通じてこれらの要件を完全に満たしていることの信頼性が高まります。開発の早い段階で、高水準のシステム モデルを作成し、システム要件とリンクさせることができます。このシステム モデルは、実行可能な仕様として、また、より詳細なモデルの基礎としての役割を果たすことができます。

これらの製品を使用しモデルベース デザインを補完することで、以下を行うことができます。

  • アーキテクチャ、設計、テスト、コードへの要件のトレース。

  • 設計が要件を満たしており、重大なランタイム エラーがないことの確認。

  • モデルやコードの準拠確認および品質測定。

  • デッド ロジックの特定、および未達カバレッジを解消するためのテスト ケースの生成。

  • レポートとアーティファクトの作成、および設計が準拠規格に適合しているかどうかの検証。

Workflow using Model-Based Design: Start by establishing system requirements and architecture, then component requirements and architecture. Continue with unit design, implementation, and testing. Next, perform integration testing at the component level followed by embedded testing. Finish with integration and testing at the system level.

トピック

要件の定義

設計への要件のリンク

設計上の欠陥の特定および解消

要件に基づくテストの実行

コードベース モデルのテストと検証の実行