Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

要件からテスト ケースへのリンク

Simulink® Test™Simulink Requirements™ がある場合は、テスト マネージャーで要件をテスト ケースにリンクできます。テストにリンクすると、テストでの要件の確認方法を見ることができます。

これらのリンクは、各要件の実装の検証に関する進行状況を確認する際にも役立ちます。Simulink Requirements では検証の状態を表示できます。検証の状態は、検証される要件やテストがない要件を確認したり、要件に関連付けられているテストがパスしたか失敗したかを確認する際に役立ちます。

このチュートリアルでは、プロジェクトで管理されている、自動車のクルーズ コントロール システムのコントローラー モデルに関連付けられているテスト ケースに要件をリンクします。テストを実行後、結果を要件エディターに含めます。

  1. プロジェクトを開きます。MATLAB® コマンド プロンプトで、次のように入力します。

    slreqCCProjectStart
  2. コントローラー モデルを開きます。コマンド プロンプトで、次を入力します。

    open_system('models/crs_controller')
  3. テスト マネージャーを開きます。[アプリ] タブで、[Simulink Test] をクリックします。[テスト] タブで、[Simulink テスト マネージャー] をクリックします。

  4. テスト マネージャーの tests フォルダーから、DriverSwRequest_Tests.mldatx テスト ファイルを開きます。

  5. テスト ブラウザーで、テスト ケースの階層を展開します。テスト ファイルには、crs_controller モデルのいくつかの要件のテスト ケースが含まれています。これらのテスト ケースのほとんどは、既に要件にリンクしています。

    ここでは、Increment button hold テストを要件にリンクします。該当するテスト ケースを選択します。

  6. 要件エディターを開きます。[アプリ] タブで、[要件マネージャー] をクリックします。[要件] タブで [要件エディター] をクリックします。

  7. ID が 1.3 (Long Switch recognition) である要件を右クリックして [選択したテスト ケースからのリンク] を選択します。

    テスト ケースへのリンクが [リンク] ペインに表示されます。

  8. その他の要件 1.81.61.9、および 1.4 を確認します。各要件を選択します。[リンク] ペインの [検証元] の下にテスト ケースのリンクが表示されます。

  9. リンクされたテストを実行するには、要件エディターで [検証元] リンクをもつ要件を右クリックして、[テストの実行...] を選択します。ダイアログ ボックスでテストを選択し、[テストの実行] ボタンをクリックします。

    テスト マネージャーを開きます。テスト マネージャーの [結果とアーティファクト] ペインに、7 つのテストがパスし、1 つのテストが失敗したと表示されます。結果を展開します。Cancel button テストが失敗し、その他のテストはパスしています。

  10. 要件エディターで、[表示][検証の状態] を選択します。要件ブラウザーのサイズを変更して [検証済み] 列を表示します。

    このビューは、検証に向けての進行状況を示します。一部の要件にはまだテストがありません。一部の要件は完全に検証されています。検証済み表示の幅は、検証にリンクされているサブ要件の割合を示しています。表示の色は、パス、失敗、未実行のテストの割合を示します。

    ここで、Cancel Switch Detection という検証の状態は、テストが失敗したことを示しています。図内の要件 1.8 のような一部の要件は部分的に検証済みとなっています。これはサブ要件がまだ検証されていないためです。検証の状態の上にカーソルを合わせると、サブ要件に関する詳細が表示されます。

関連するトピック