ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink Requirements

モデル、生成されたコード、テスト ケースの要件の作成、管理およびトレース

Simulink® Requirements™ により、Simulink 内で要件を作成、解析、および管理できます。カスタム属性をもつリッチ テキストの要件を作成し、これらを設計、コード、およびテストにリンクできます。外部ソースから要件をインポート可能で、要件の変更時に自動通知を受け取ることができます。要件と設計を一緒に表示し、ドラッグ アンド ドロップ でリンクを確立し、要件コンテンツと共にブロック線図に注釈を付け、要件のトレーサビリティを解析し、要件、設計、生成されたコードおよびテストの間を移動することができます。

Simulink Requirements はリンクされた要件、設計、またはテストに変更が発生するタイミングを示します。これは要件の実装と検証の状態を計算するため、プロジェクトの完全性を評価できます。

業界標準には、IEC Certification Kit (ISO 26262 と IEC 61508 用)DO Qualification Kit (DO-178 用) によって対応しています。

Simulink Requirements 入門

Simulink Requirements の基礎を学ぶ

要件の定義

要件の作成、外部ドキュメントからの要件の作成、および要件の階層の定義

要件のトレーサビリティと整合性

要件とモデル要素のリンク、関係の指定、マークアップの追加、モデルとコードに対するトレーサビリティの確認、整合性のチェック

要件による検証

要件に基づくモデルの検証、テスト結果の解釈とレポート

要件の比較と変更の追跡

要件の確認と比較、変更の追跡、正当化の提供、サインオフおよび承認用にレポートを生成

要件管理インターフェイス

Simulink Verification and Validation™ がサポートする要件のトレーサビリティ

検証と確認

Simulink 製品を使用して、モデルとコードをテストし、設計エラーの有無をチェックし、標準に対するチェックを行い、カバレッジを測定し、システムを検証

ツールの検定と認定

DO および IEC 認定のための Simulink Requirements の検定