Main Content

Requirements Toolbox

設計とテストの要件の作成、リンク、および検証

Requirements Toolbox™ により、MATLAB® または Simulink® 内で要件を作成、リンク、および検証できます。要件は、カスタム属性をもつリッチ テキストを使用して作成するか、要件管理ツールからインポートできます。

要件は、MATLAB コード、System Composer™ または Simulink モデル、およびテストにリンクできます。ツールボックスによってトレーサビリティが解析され、実装またはテストのギャップが特定されます。設計の強調表示およびトレーサビリティ マトリクスでは、複数のアーティファクト全体のどこにリンクが存在するかがまとめられているため、あらゆるギャップを解決できます。要件が変更されると、リンクされたアーティファクトが強調表示されるため、トレーサビリティ ダイアグラムを使用して、影響を受ける上流と下流のアーティファクトを特定できます。Simulink の設計から生成されたコードには、要件の実装場所を記述するコード コメントが含まれており、レビューに役立ちます。

要件を形式化し、要件テーブルを使用してその整合性、完全性、および正確性について解析できます。要件パースペクティブを使用すると、設計と共に要件を表示して管理できます。Simulink で使用すると、簡単なドラッグ アンド ドロップでブロックへのリンクを作成できます。

業界標準には、IEC Certification Kit (ISO 26262 と IEC 61508 用) と DO Qualification Kit (DO-178 用) によって対応しています。

Requirements Toolbox 入門

Requirements Toolbox の基礎を学ぶ

要件の定義

要件の作成、インポート、エクスポート、および形式化

要件のトレーサビリティ

要件の設計、コード、およびテストへのリンク、関係の指定、マークアップの追加、モデルとコードに対するトレーサビリティの確認、整合性のチェック

要件に基づくテスト

要件に基づくモデルの検証、テスト結果の解釈とレポート

要件の比較と変更の追跡

要件の確認と比較、変更の追跡、正当化の提供、サインオフおよび承認用にレポートを生成

要件管理インターフェイス

従来の RMI インターフェイスによってサポートされる要件のトレーサビリティ

検証と確認

Simulink 製品を使用して、モデルとコードをテストし、設計エラーの有無をチェックし、標準に対するチェックを行い、カバレッジを測定し、システムを検証

ツールの検定と認定

DO および IEC 認定のための Requirements Toolbox の検定