Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

要件検証の状態の確認

要件ブラウザーと要件エディターで、要件の検証の状態を確認できます。検証の状態は、Simulink® Test™ を使用したシミュレーション テスト、または Simulink Design Verifier™ を使用したプロパティ証明の結果を反映します。要件からシミュレーション評価または証明オブジェクティブへの [検証元] リンクを使用します。

  • シミュレーション テスト: 要件の検証の状態は、次のリンク可能な Simulink Test 項目をテスト マネージャーで実行した後の結果を反映します。

    • テスト ファイル

    • テスト スイート

    • テスト ケース

    • 反復

    • 評価

    Simulink Test 項目で要件を検証する方法については、要件に対するモデルのテストと結果のレポートを参照してください。

    Simulink テスト マネージャーから、または sltest.testmanager.run (Simulink Test) を使用してテストを実行します。テスト ケースの作成と実行に関する簡単なチュートリアルについては、Create and Run a Baseline Test (Simulink Test)の最初の部分に従ってください。

    verify (Simulink Test)ステートメントまたはModel Verification Blocks (Simulink Test)による実行時評価は、テスト マネージャーのテスト ケースを通してこれらの評価を監視することによって取得できます。

    メモ

    MATLAB® で作成されたテストにリンクされた要件の検証状態を表示するには、MATLAB ベースの Simulink テストを使用しなければなりません。Test Models Using MATLAB-Based Simulink Tests (Simulink Test)を参照してください。

  • プロパティ証明: 検証の状態は、次を使用してモデル化されたプロパティの解析結果を反映します。

    • Simulink Design VerifierProof Objective ブロック。

    • Model Verification ブロック。

    ブロックを要件にリンクしてから、プロパティを解析します。詳細については、要件リンクを参照してください。

外部ソースからの結果を検証の状態に含める方法については、外部ソースからの結果を検証の状態に含めるを参照してください。

検証の状態の表示

検証の状態は、要件ブラウザーと要件エディターの [検証済み] 列に要約されます。列を表示するには、次のようにします。

  • 要件エディターで、 [列][検証の状態] を選択する。

  • モデル ウィンドウの [要件ブラウザー] ペインで、要件を右クリックして [検証の状態] を選択する。

たとえば、[検証済み] 列には、1 つの失敗した結果と共に、この要件セットの検証リンクが部分的に表示されます。

バーの充満度は、検証項目にリンクされているグループ内の要件の数 (親 + 子) を示します。色は、テスト結果または解析結果を示します。

  • [パス] (緑): リンクされたテストがパスしたか、解析でオブジェクティブが証明された。

  • [失敗] (赤): リンクされたテストが失敗したか、解析でオブジェクティブが反証された。

  • 正当化済み (薄い青): 正当化により、要件が状態から除外されている。詳細については、要件の正当化を参照してください。

  • 未実行 (黄):リンクされたテストまたはオブジェクティブが次の状態にある。

    • 実行されていない

    • 最新の結果よりも後に更新された

  • なし (色なし): 要件に [検証元] リンクがない。

テストまたは解析を実行することによる検証の状態の更新

検証の状態は、要件にリンクされたテストまたは解析を実行することで更新できます。

  1. 要件エディターで要件を右クリックし、[テストの実行] を選択します。

  2. [テストの実行] ダイアログ ボックスで、テストを選択します。

  3. [テストの実行] をクリックします。

要件エディターの外部でテストまたは解析を実行して、検証の状態を更新することもできます。

  • Simulink Test で、テストをテスト マネージャーで実行する。

  • Simulink Design Verifier で、プロパティ証明解析を実行する。

  • Simulink で、Model Verification ブロックが含まれるモデルを実行する。

メモ

複数のモデル内にある Simulink Design Verifier の Proof Objective ブロックに要件をリンクしている場合、対応するモデルが開いているときに、[テストの実行] ダイアログ ボックスで Simulink Design Verifier の解析が実行されます。

検証の状態をレポートに含める

検証の状態を要件レポートに含めることができます。

  1. 要件エディターのメニューで、[レポート][レポートの生成] を選択します。

  2. [検証の状態] を選択します。

  3. [レポートの生成] をクリックします。

詳細については、要件情報のレポートを参照してください。

参考

|