Main Content

sl_customization ファイルを使用したカスタム要件とリンク タイプの定義

Requirements Toolbox™ のすべての要件オブジェクトおよびリンク オブジェクトには、Type プロパティがあります。Type プロパティは、組み込みの要件タイプまたはリンク タイプあるいはカスタム要件タイプまたはカスタム リンク タイプのいずれかになります。カスタム要件タイプとカスタム リンク タイプは組み込みタイプの 1 つのサブタイプとし、そのタイプから機能を継承する必要があります。

あるいは、ステレオタイプを使用して、カスタム プロパティも持つカスタム要件またはリンク タイプを定義できます。詳細については、Define Custom Requirement and Link Types and Propertiesを参照してください。

カスタム要件タイプとカスタム リンク タイプの作成および登録

カスタム要件タイプまたはカスタム リンク タイプを作成するには、次のようにします。

  1. 現在の作業フォルダー内に sl_customization.m ファイルを作成します。MATLAB®[ホーム] タブで、[新規スクリプト] をクリックします。このコードをコピーして貼り付け、ファイルを sl_customization.m として保存します。

    function sl_customization(cm)
        cObj = cm.SimulinkRequirementsCustomizer;
    end
    
  2. カスタマイズ ファイルに定義を追加して、カスタム要件タイプまたはカスタム リンク タイプを作成します。

    メモ

    カスタム リンク タイプは、組み込みリンク タイプからリンクの方向を継承しません。Verify または Confirm 組み込みタイプのサブタイプを作成する場合、組み込みタイプと同じリンクの方向を使用して、テスト項目が検証の状態の対象になるようにします。詳細については、Link Typesを参照してください。

    たとえば、以下のコードでは、組み込み要件タイプ Container のサブタイプである Heading と呼ばれるカスタム要件タイプが作成されます。また、それぞれ組み込みリンク タイプ VerifyImplement のサブタイプとなる Satisfy および Solve の 2 つのカスタム リンク タイプも作成されます。詳細については、要件タイプおよびLink Typesを参照してください。

    function sl_customization(cm)
        cObj = cm.SimulinkRequirementsCustomizer;
        cObj.addCustomRequirementType('Heading',slreq.custom.RequirementType.Container,...
        'Headings for functional requirements');
        cObj.addCustomLinkType('Satisfy', slreq.custom.LinkType.Verify,'Satisfies', ...
        'Satisfied by','Links from verification objects to requirements');
        cObj.addCustomLinkType('Solve', slreq.custom.LinkType.Implement,'Solves', ... 
        'Solved by','Links from implementation objects to requirements');
    end
    

  3. カスタマイズを登録します。MATLAB コマンド ラインで以下のように入力します。

    slreq.refreshCustomizations
    詳細については、slreq.refreshCustomizations を参照してください。

カスタム要件タイプとカスタム リンク タイプは、それらがサブタイプとなる組み込みタイプから、実装の状態や検証の状態の対象であるかどうか、またはリンクの方向や影響など、一部の機能を継承します。詳細については、Choose a Built-in Type as a Base Behaviorを参照してください。

要件エディターでのタイプの設定

要件エディターから、要件またはリンクのカスタム タイプを選択できます。要件をカスタム要件タイプに設定するには、[要件の表示] をクリックして要件を選択します。右側のペインの [プロパティ] で、[タイプ] ドロップダウン リストからカスタム要件タイプを選択します。

リンクをカスタム リンク タイプに設定するには、[リンクの表示] をクリックしてリンクを選択します。右側のペインの [プロパティ] で、[タイプ] ドロップダウン リストからカスタム リンク タイプを選択します。

参考

|

関連するトピック