Main Content

要件タイプ

各要件、または各参照要件には、要件の役割を指定する要件タイプがあります。要件タイプは、slreq.Requirement オブジェクトまたは slreq.Reference オブジェクトの Type プロパティ値です。

要件タイプの設定

Requirements Toolbox™ で要件の作成またはインポートを行う際、要件エディターで要件タイプを指定できます。指定するには、[要件の表示] をクリックし、[詳細] ペインの [プロパティ][タイプ] リストからタイプを選択します。これにより、組み込み要件タイプまたはカスタム要件タイプから選択できます。

組み込み要件タイプの使用

要件の作成またはインポートを行う際、次の組み込み要件タイプを使用できます。

  • 機能要件: 設計に必要となる機能的な動作をキャプチャするには、機能要件を使用します。要件エディターは、要件リンクに基づいて機能要件の実装と検証の状態を計算します。

  • コンテナー: 要件をグループに整理して階層を作成するには、コンテナー要件を使用します。要件エディターで要件セットの実装と検証の状態を計算する際、コンテナー要件は含まれません。ただし、コンテナー要件下のすべての機能要件は、状態の計算の対象となります。

  • 情報要件: 機能的な動作以外の動作やその他の補足情報をキャプチャするには、情報要件を使用します。要件エディターで要件セットの実装と検証の状態を計算する際、情報要件とその要件下の要件はどれも含まれません。

実装と検証の状態の詳細については、要件実装の状態の確認要件検証の状態の確認を参照してください。

カスタム要件タイプの定義

システム要件やステークホルダー要件などの要件に合致するカスタム要件タイプを定義できます。カスタム要件タイプは、いずれかの組み込みタイプのサブタイプでなければなりません。カスタム要件タイプは、要件タイプが実装の状態と検証の状態の対象となる方法など、組み込みタイプから一部の機能を継承します。詳細については、要件およびリンクのカスタム タイプの定義を参照してください。

参考

関連するトピック