Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

要件タイプ

Simulink® Requirements™ で要件の作成またはインポートを行う際、要件エディターまたは要件パースペクティブ ビューの [プロパティ] サイドバーにある [タイプ] ドロップダウン リストを使用して、要件タイプを指定できます。

Simulink Requirements には、次の組み込み要件タイプが用意されています。

  • 機能要件: モデルベース デザインのワークフローで実装または検証される要件を分類します。機能要件は、それらが属する要件セットの実装と検証の状態の対象となります。

  • コンテナー: グループ要件。コンテナー要件は、それらが属する要件セットの実装と検証の状態の対象とはなりません。ただし、コンテナー要件に属するすべての機能要件は、状態の対象となります。

  • 情報要件: 補足的な情報を提供します。情報要件、および情報要件に属するすべての要件は、それらが属する要件セットの実装と検証の状態の対象とはなりません。

実装と検証の状態の詳細については、要件実装の状態の確認要件検証の状態の確認を参照してください。

カスタム要件タイプを定義することもできます。詳細については、要件およびリンクのカスタム タイプの定義を参照してください。

関連するトピック