Main Content

slreq.Reference クラス

パッケージ: slreq

外部要件プロキシ オブジェクトの操作

説明

slreq.Reference クラスのオブジェクトは、サードパーティ製要件管理ツールからインポートする参照要件を表します。参照要件は、サードパーティ製ツールを使用して管理する外部要件のプロキシ要件です。外部要件に変更を加える場合は、参照要件を更新できます。

作成

ref = find(rs, 'Type', 'Reference', 'PropertyName', PropertyValue) は、PropertyNamePropertyValue に一致するプロパティで指定された要件セット rs の参照要件または参照要件セット ref を検索して返します。

ref = add(rs, 'Artifact', FileName, 'PropertyName', PropertyValue) は、PropertyNamePropertyValue で指定されたプロパティおよびカスタム属性をもつ、FileName で指定された外部ドキュメントからの要件を参照する要件セット rs に参照要件 ref を追加します。

入力引数

すべて展開する

要件セット。slreq.ReqSet オブジェクトとして指定します。

Microsoft® Office ドキュメント名や IBM® DOORS® モジュールの一意の ID など、最上位のコンテナー識別子のファイル名。

出力引数

すべて展開する

参照要件。slreq.Reference オブジェクトとして指定します。

プロパティ

すべて展開する

参照要件 ID。文字ベクトルとして返されます。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
private

参照要件のカスタム ID。文字ベクトルとして返されます。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
private

Microsoft Office ドキュメント名や IBM DOORS モジュールの一意の ID など、最上位のコンテナー識別子。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
private

ソース要件ドキュメント内の一意の要件識別子。IBM DOORS からインポートされた要件の場合、"ArtifactId" は数値オブジェクト ID です。Microsoft Word からインポートされた要件の場合、"ArtifactId" にはブックマーク名が使用されます。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
private

外部要件ドキュメントのインターフェイス名。文字ベクトルとして返されます。この名前は、組み込みのいずれかの名前か、カスタムの登録済みインターフェイスの名前になります。詳細については、Define Custom Document Interface for Importing Requirementsを参照してください。

例: 'linktype_rmi_word','custom_jira'

属性:

GetAccess
public
SetAccess
private

参照要件が最後に外部ドキュメントと同期された日時。datetime 値として指定します。ソフトウェアが自動的にこのプロパティを入力します。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
private

参照要件が作成された日付。datetime 値として指定します。ソフトウェアが自動的にこのプロパティを入力します。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
private

参照要件を作成した個人または組織の名前。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
private

参照要件を最後に変更した個人または組織の名前。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
private

参照要件がロックされているかどうかを示します。ロックされている場合は 1、ロック解除されている場合は 0 です。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
private

参照要件の概要テキスト。文字ベクトルとして返されます。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

参照要件の説明テキスト。複数行の文字ベクトルとして返されます。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

参照要件の根拠テキスト。複数行の文字ベクトルとして返されます。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

参照要件キーワード。文字配列として指定します。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

参照要件タイプの列挙。'Functional''Informational''Container'、あるいは、カスタム要件タイプを指定する string スカラーまたは文字ベクトルとして指定します。詳細については、要件タイプを参照してください。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

参照要件インデックスが有効 (1) か無効 (0) かを示します。データ型 logical1 または 0 として返されます。インデックスを無効にすると、番号付きの階層リストから参照要件が除外されます。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

ユーザー指定の参照要件インデックス値。空の double 配列または int32 配列として返されます。空の場合、Requirements Toolbox™ は Index 値を計算します。それ以外の場合、Requirements Toolbox は Index プロパティを指定された整数値に設定します。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

参照要件に対応するセッション ID。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
private

参照要件のリビジョン番号。スカラーとして指定します。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
private

参照要件が最後に変更された日付。datetime 値として指定します。ソフトウェアが自動的にこのプロパティを入力します。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
private

要件に未保存の変更があるか (1)、未保存の変更がないか (0) を示します。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
private

参照要件に付されるコメント。構造体として返されます。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
private

参照要件のインデックス。文字配列として指定します。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
private

メソッド

addAdd child referenced requirement
addComment コメントを参照要件に追加
children子参照の検索
findFind children of parent referenced requirements
getAttribute参照要件のカスタム属性の取得
getImplementationStatus Query referenced requirement implementation status summary
getPostImportFcnGet contents of PostImportFcn callback
getPreImportFcnGet registered PreImportFcn callback script
getVerificationStatus Query referenced requirement verification status summary
hasNewUpdateCheck if import node has available update
inLinksGet incoming links for referenced requirements
isFilteredInCheck filtered referenced requirements
isJustifiedForCheck if referenced requirement is justified
justifyImplementation Justify referenced requirements for implementation
justifyVerification Justify referenced requirements for verification
moveDownMove referenced requirement down in hierarchy
moveUpMove referenced requirement up in hierarchy
navigateToExternalArtifactNavigate from imported referenced requirement to original requirement
outLinksGet outgoing links for referenced requirements
parent参照要件の親項目の検索
removeRemove referenced requirements
reqSet親要件セットを返す
setAttribute参照要件のカスタム属性を設定
setParentSet parent of referenced requirement in PostImportFcn callback
setPostImportFcnAssign PostImportFcn callback script
setPreImportFcnAssign PreImportFcn callback script
unlock 参照要件のロック解除
unlockAll すべての子参照要件のロックを編集用に解除
updateFromDocumentUpdate referenced requirements from external requirements document

すべて折りたたむ

この例では、要件セット内の参照要件を検索する方法を説明します。

myReqSet という要件セットを読み込みます。

rs = slreq.load("myReqSet");

要件セット内で ID が 9 である要件を検索します。

req = find(rs,"Type","Reference","ID","9");
ref = 

  Reference with properties:

          Keywords: [0×0 char]
          Artifact: 'Req_doc.docx'
                Id: 'R9'
           Summary: 'System overview'
       Description: ''
               SID: 3
            Domain: 'linktype_rmi_word'
    SynchronizedOn: 25-Jul-2017 11:34:02

バージョン履歴

R2018a で導入