Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

setAttribute

参照要件のカスタム属性を設定

構文

setAttribute(ref, propertyName, propertyValue)

説明

setAttribute(ref, propertyName, propertyValue) は、参照要件のプロパティを設定します。このメソッドは、要件セットに対して定義するカスタム属性の値を設定するために使用します。

入力引数

すべて展開する

参照要件。slreq.Reference オブジェクトとして指定します。

参照要件のカスタム属性の名前。

例: 'Priority'

参照要件のカスタム属性の名前。文字ベクトルとして指定します。

例: 'High', 'Medium'

参照要件のカスタム属性の設定

% Load a requirement set file and get the handle to one requirement 
rs = slreq.load('C:\MATLAB\My_Requirements_Set_1.slreqx');
ref1 = find(rs, 'Type', 'Reference', 'ID', 'R20.1');

% Set the Priority (custom attribute) of ref1
setAttribute(ref1, 'Priority', 'Low');

バージョン履歴

R2018a で導入