Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

slreq.Link クラス

パッケージ: slreq

リンク オブジェクトの操作

説明

アーティファクト間でトレース可能な関連付けを確立すると、Requirements Toolbox™ により、リンク元とリンク先のデータを格納するための slreq.Link オブジェクトが作成されます。

作成

link = slreq.createLink(src, dest) は、srcdest でそれぞれ指定されたリンク元とリンク先のアーティファクトを含む slreq.Link オブジェクト link を作成します。slreq.Link オブジェクトは、src に属するリンク セット ファイルに格納されます。

outLinks = slreq.outLinks(src) は、リンク元アーティファクト src からの外向きリンクを含む slreq.Link オブジェクト outLinks の配列を返します。

inLinks = slreq.inLinks(dest) は、リンク先アーティファクト dest への内向きリンクを含む slreq.Link オブジェクト inLinks の配列を返します。

入力引数

すべて展開する

リンク元アーティファクト。MATLAB® 構造体として指定します。

リンク先アーティファクト。MATLAB 構造体として指定します。

出力引数

すべて展開する

リンクのハンドル。slreq.Link オブジェクトとして返されます。

外向きリンクの配列。

内向きリンクの配列。

プロパティ

すべて展開する

リンクが作成された日付。datetime 値として指定します。このプロパティはソフトウェアによって入力されます。

リンクを作成した個人または組織の名前。

リンクが最後に変更された日付。datetime 値として指定します。このプロパティはソフトウェアによって入力されます。

リンクを最後に変更した個人または組織の名前。

リンクに付されるコメント。構造体として返されます。

リンク タイプの列挙。次の表のオプションのいずれかとして指定します。

タイプ説明
'Relate'
  • 多くのユース ケースにおける項目間の一般的な関係

  • 双方向リンク

'Implement'
  • 要件を実装するリンク元の項目を指定する

  • 実装の状態の対象となる

詳細については、要件実装の状態の確認を参照してください。

'Verify'
  • 要件を検証するリンク元の項目を指定する

  • リンク元の項目が受容される項目タイプの 1 つである場合、検証の状態の対象となる

詳細については、要件検証の状態の確認を参照してください。

'Derive'リンク先項目を派生するリンク元項目を指定する
'Refine'リンク先項目で指定される機能の詳細を追加するリンク元項目を指定する
'Confirm'
  • 要件と外部のテスト結果ソースとの間の関係を指定する

  • 一部のケースでは検証の状態の対象となる可能性がある

詳細については、外部ソースからの結果を検証の状態に含めるを参照してください。

string スカラーまたは文字ベクトルカスタム リンク タイプを指定する string スカラーまたは文字ベクトル。詳細については、要件およびリンクのカスタム タイプの定義を参照してください。

詳細については、リンク タイプを参照してください。

リンクの説明テキスト。複数行の文字ベクトルとして指定します。

リンクのキーワード。文字配列として指定します。

リンクの根拠テキスト。複数行の文字ベクトルとして指定します。

リンクに対応するセッション ID (Session Independent Identifier)。

メソッド

destination リンク先を取得
getAttributeGet link property values
isFilteredInCheck filtered links
isResolved Check if the link is resolved
isResolvedDestination Check if the link destination is resolved
isResolvedSource Check if the link source is resolved
linkSetReturn parent link set
removeリンクの削除
setAttributeSet link property values
setDestination 要件のリンク先の設定
setSource 要件のリンク元を設定
source リンク元を取得

すべて折りたたむ

この例では、リンクの作成方法を説明します。

現在選択されている Simulink® ブロックと要件 req との間にリンクを作成します。

link1 = slreq.createLink(gcb,req)
link1 = 

  Link with properties:

           Type: 'Implement'
    Description: 'Plant Specs'
       Keywords: [0×0 char]
      Rationale: ''
      CreatedOn: 02-Sep-2017 15:49:28
      CreatedBy: 'Jane Doe'
     ModifiedOn: 21-Oct-2017 11:34:12
     ModifiedBy: 'John Doe'
       Comments: [0×0 struct]

この例では、要件の内向きリンクを取得する方法を示します。

myReqSet という要件セットを読み込みます。

rs = slreq.load("myReqSet");

要件セット内で ID が R1.1 の要件を検索します。

myReq = find(rs,"Type","Requirement","Id","R1.1");

要件への内向きリンクをクエリします。

inLinks = slreq.inLinks(myReq);

この例では、リンク元の外向きリンクを取得する方法を示します。

c5.slmx というリンク セットを読み込みます。

myLinkSet = slreq.load("c5.slx");

リンク セットからリンク元を取得します。

allSrcs = sources(myLinkSet);

最初のリンク元の外向きリンクを取得します。

myLink = slreq.outLinks(allSrcs(1));

バージョン履歴

R2018a で導入