Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

destination

クラス: slreq.Link
パッケージ: slreq

説明

dest = destination(myLink) は、リンク myLink のリンク先を返します。

入力引数

すべて展開する

リンク。slreq.Link オブジェクトとして指定します。

出力引数

すべて展開する

リンク先。次のフィールドを含む MATLAB® 構造体として返されます。

  • domain

  • artifact

  • id

  • summary

  • reqSet

  • sid

すべて展開する

この例では、リンク オブジェクトからリンク先を取得する方法を示します。

クルーズ コントロール モデルの要件定義プロジェクトを開きます。要件セット crs_req を読み込みます。リンク セット crs_req も読み込まれます。

slreqCCProjectStart;
slreq.load("crs_req");

リンク セット crs_req を検索します。

myLinkSet = slreq.find(Type="LinkSet",Name="crs_req");

リンク セットからリンクを取得します。

myLinks = getLinks(myLinkSet)
myLinks=1×12 object
  1x12 Link array with properties:

    Type
    Description
    Keywords
    Rationale
    CreatedOn
    CreatedBy
    ModifiedOn
    ModifiedBy
    Revision
    SID
    Comments

いずれかのリンクのリンク先の構造体を取得します。

dest = destination(myLinks(1))
dest = struct with fields:
         domain: 'linktype_rmi_slreq'
       artifact: '/tmp/Bdoc22a_1864858_185342/bml.batserve.056550/MATLAB/Projects/examples/CruiseRequirementsExample4/documents/crs_req_func_spec.slreqx'
             id: '#9'
        summary: 'Enable Switch Detection'
         reqSet: 'crs_req_func_spec.slreqx'
            sid: 9
    embeddedReq: 0

リンク先の構造体をオブジェクトに変換します。

destObj = slreq.structToObj(dest)
destObj = 
  Requirement with properties:

            Type: 'Functional'
              Id: '#9'
         Summary: 'Enable Switch Detection'
     Description: '<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.0//EN" "http://www.w3.org/TR/REC-html40/strict.dtd">...'
        Keywords: {}
       Rationale: ''
       CreatedOn: 27-Feb-2017 10:15:38
       CreatedBy: 'itoy'
      ModifiedBy: 'asriram'
    IndexEnabled: 1
     IndexNumber: []
             SID: 9
    FileRevision: 55
      ModifiedOn: 03-Aug-2017 14:39:35
           Dirty: 0
        Comments: [0x0 struct]
           Index: '1.6'

クリーンアップ

開いている要件セットとリンク セットをクリアします。現在のプロジェクトを閉じます。

slreq.clear;
slproject.closeCurrentProject();

ヒント

  • リンク先の構造体は slreq.structToObj を使用してオブジェクトに変換できます。

バージョン履歴

R2018a で導入