Main Content

このページの内容は最新ではありません。最新版の英語を参照するには、ここをクリックします。

press

クラス: matlab.uitest.TestCase
名前空間: matlab.uitest

UI コンポーネントでの押し下げ動作の実行

説明

press(testcase,comp) は、comp UI コンポーネントの押し下げ動作を実行します。

press(testcase,comp,location) は、コンポーネント内の押し下げる位置を指定します。使用可能な 5 つのコンポーネント (座標軸、UI 座標軸、極座標軸、パネル UI figure) に対してのみ、場所を指定できます。位置を指定しない場合、MATLAB®comp の中央を押し下げます。

press(testcase,spn,direction) は、スピナー spn の 'up' と 'down' の direction ボタンのうち、いずれを押し下げるかを指定します。

press(testcase,compst,'SelectionType',type) は、指定されたマウスの選択タイプ type を使用してコンポーネント compst 上で押し下げ動作を実行します。

press(testcase,compst,location,'SelectionType',type) は、指定されたマウスの選択タイプを使用してコンポーネント内で押し下げる位置を指定します。

入力引数

すべて展開する

テスト ケースのインスタンス。matlab.uitest.TestCase オブジェクトとして指定します。

テスト中に押すコンポーネント。押し下げ動作をサポートする UI コンポーネント オブジェクトとして指定します。押し下げ動作をサポートするコンポーネントには、イメージ、ボタン、チェック ボックス、スイッチ、メニュー、座標軸、Figure などがあります。

サポートされるコンポーネント一般的な作成関数
座標軸axes
ボタンuibutton
チェック ボックスuicheckbox
イメージuiimage
メニューuimenu
パネルuipanel
極座標軸polaraxes
プッシュ ツールuipushtool
ラジオ ボタンuiradiobutton
状態ボタンuibutton
スイッチ (ロッカー、スライダー、トグル)uiswitch
トグル ボタンuitogglebutton
トグル ツールuitoggletool
UI 座標軸uiaxes
UI Figureuifigure

押す位置。点の座標として指定します。

  • 座標軸および UI 座標軸 — x 座標、y 座標、およびオプションで z 座標を含む、1 行 2 列または 1 行 3 列の数値配列。

  • 極座標軸 — θ 座標および r 座標を含む、1 行 2 列の数値配列。

  • パネルおよび UI Figure — x 座標および y 座標を含む、1 行 2 列の数値配列。コンポーネントの左下隅からのピクセル単位の座標を使用して、押し下げる点の座標を指定します。

例: [32.5 13 0.25] (UI 座標軸)

例: [pi/2 0.5] (極座標軸)

例: [100 200] (UI Figure)

テスト中に押すスピナー コンポーネント。matlab.ui.control.Spinner オブジェクトとして指定します。通常、スピナー コンポーネントの作成には関数 uispinner を使用します。

スピナーの変更方向。'up' または 'down' として指定します。スピナーの値をインクリメントするには 'up' を使用します。値をデクリメントするには 'down' を使用します。

データ型: char | string

指定されたマウスの選択タイプを使用してテスト中に押すコンポーネント。matlab.graphics.axis.Axesmatlab.ui.control.UIAxes、または matlab.ui.Figure オブジェクトとして指定します。

サポートされるコンポーネント一般的な作成関数
座標軸axes
UI 座標軸uiaxes
UI Figureuifigure

マウスの選択タイプ。'normal''extend''alt'、または 'open' として指定します。この入力は、コンポーネントでマウス ボタンがどのように押されるかについての情報を提供します。詳細については、UI Figure のプロパティ を参照してください。

次の表は、選択タイプの取り得る値と、それらの値に対応するアクションの一覧です。

対応するアクション

'normal'

左マウス ボタンをクリック

'extend'

Shift キーを押しながら左マウス ボタンをクリック

'alt'

右マウス ボタンをクリック

'open'

任意のマウス ボタンをダブルクリック

データ型: char | string

すべて展開する

スライダー スイッチを作成します。

s = uiswitch('slider');

A figure with a slider switch in the 'Off' state

対話型のテスト ケースを作成し、スイッチを押します。プログラムによる押し下げ動作を表す青い点が表示され、スイッチの中央で消えます。スイッチが 'Off' から 'On' に切り替わります。

tc = matlab.uitest.TestCase.forInteractiveUse;
tc.press(s);

A figure with a slider switch in the 'On' state

UI 座標軸と対話型のテスト ケース インスタンスを作成します。

ax = uiaxes;
tc = matlab.uitest.TestCase.forInteractiveUse;

座標軸の中央を押します。プログラムによる押し下げ動作を表す青い点が表示され、座標軸の中央で消えます。

tc.press(ax)

座標軸上の座標 (0.85, 0.2) を押します。プログラムによる押し下げ動作を表す青い点が表示され、座標軸上の指定した座標で消えます。

tc.press(ax,[0.85 0.2])

状態ボタンを作成します。

b = uibutton('state');

対話型のテスト ケースを作成し、状態ボタンの値が false であることを確認します。

tc = matlab.uitest.TestCase.forInteractiveUse;
tc.verifyFalse(b.Value)
Verification passed.

ボタンを押し、状態が true に変わることを確認します。プログラムによる押し下げ動作を表す青い点が表示され、ボタンの上で消えます。

tc.press(b)
tc.verifyTrue(b.Value)
Verification passed.

初期値が 42 のスピナーを作成します。

s = uispinner('Value',42);
initVal = s.Value;

対話型のテスト ケースを作成し、スピナーをインクリメントします。スピナーの新しい値が初期値にスピナーのステップ値を加算した値になることを確認します。

tc = matlab.uitest.TestCase.forInteractiveUse;
tc.press(s,'up')
tc.verifyEqual(s.Value,initVal+s.Step)
Verification passed.

スピナーの値をデクリメントし、スピナーの値が再び初期値と等しくなることを確認します。

tc.press(s,'down')
tc.verifyEqual(s.Value,initVal)
Verification passed.

UI figure と対話型のテスト ケース インスタンスを作成します。

f = uifigure;
tc = matlab.uitest.TestCase.forInteractiveUse;

UI figure の中央で右クリックをテストします。プログラムによる押し下げ動作を表す青い点が表示され、Figure の中央で消えます。

tc.press(f,'SelectionType','alt')

UI figure 上の座標 (100, 200) でダブルクリックをテストします。プログラムによる押し下げ動作を表す青い点が表示され、指定した位置で消えます。

tc.press(f,[100 200],'SelectionType','open')

R2023b 以降

コンポーネントまで自動的にスクロールして、Figure の表示可能領域にないコンポーネントに対して動作を実行します。

Figure の表示可能領域外にある状態ボタンを使って、スクロール可能な Figure を作成します。

fig = uifigure("Scrollable","on");
b = uibutton(fig,"state","Position",[fig.Position(3)+100 100 100 22]);

対話型テスト用にテスト ケースを作成し、ボタンの初期状態を確認します。

tc = matlab.uitest.TestCase.forInteractiveUse;
tc.verifyFalse(b.Value)
Verification passed.

ボタンを押し、状態が変わることを確認します。Figure がスクロール可能なため、動作を実行する前に、アプリのテスト フレームワークが自動的にボタンまでスクロールします。

tc.press(b)
tc.verifyTrue(b.Value)
Verification passed.

バージョン履歴

R2018a で導入

すべて展開する