Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

matlab.uitest.TestCase クラス

パッケージ: matlab.uitest
スーパークラス: matlab.unittest.TestCase

アプリのテスト フレームワークを使用するテストを記述する TestCase

説明

matlab.uitest.TestCase クラスを使用して、アプリのテスト フレームワークを使用するテストを記述します。matlab.uitest.TestCasematlab.unittest.TestCase クラスから派生します。

テスト中にユーザーがアプリを操作しないように、フレームワークは新しい Figure インスタンスをロックします。ロックされた Figure のコンポーネントは、presschoose などの TestCase メソッドを使用してプログラムによる動作にのみ反応します。

構築

テスト フレームワークは matlab.uitest.TestCase インスタンスを作成します。

メソッド

chooseUI コンポーネントでの選択動作の実行
chooseContextMenu Perform choose gesture on context menu item
dragUI コンポーネントでのドラッグ動作の実行
forInteractiveUse対話型で使用する TestCase オブジェクトの作成
hoverUI コンポーネントでのホバー動作の実行
pressUI コンポーネントでの押し下げ動作の実行
typeUI コンポーネントへの入力

継承メソッド

addTeardown破棄ルーチンを TestCase インスタンスに動的に追加
applyFixtureTestCase でのフィクスチャの使用
forInteractiveUse対話型で使用する TestCase を作成
getSharedTestFixtures共有テスト フィクスチャへのアクセスの提供
logテスト実行中の診断情報の記録
onFailureテスト失敗の診断情報を動的に追加
runTestCase テストを実行する

また、TestCase クラスは以下のクラスからメソッドを継承します。

matlab.unittest.qualifications.Assertableテストの前提条件を検証する検定
matlab.unittest.qualifications.Assumableテストの内容をフィルター処理する検定
matlab.unittest.qualifications.FatalAssertableテストの実行を中断する検定
matlab.unittest.qualifications.Verifiableソフト エラー条件を生成する検定

属性

Abstracttrue
HandleCompatibiletrue

クラス属性の詳細については、クラスの属性を参照してください。

コピーのセマンティクス

ハンドル。コピー操作に対するハンドル クラスの影響については、オブジェクトのコピーを参照してください。

すべて折りたたむ

離散型ノブを作成します。

knob = uiknob('discrete');

対話型のテスト ケースを作成し、ノブの値 'High' を選択します。アニメーション化された青い点でプログラムによる選択動作が示されます。

tc = matlab.uitest.TestCase.forInteractiveUse;
tc.choose(knob,'High')

ノブの Items プロパティの値を表示します。

knob.Items
ans =

  1×4 cell array

    {'Off'}    {'Low'}    {'Medium'}    {'High'}

インデックスでノブの値 'Low' を選択します。ノブが 'High' から 'Low' に切り替わります。

tc.choose(knob,2)

状態ボタンを作成します。

b = uibutton('state');

対話型のテスト ケースを作成し、状態ボタンの値が false であることを確認します。

tc = matlab.uitest.TestCase.forInteractiveUse;
tc.verifyFalse(b.Value)
Verification passed.

ボタンを押し、状態が true に変わることを確認します。プログラムによる押し下げ動作を表す青い点が表示され、ボタンの上で消えます。

tc.press(b)
tc.verifyTrue(b.Value)
Verification passed.

最小値が -237、最大値が 237、開始値が 7 のスライダーを作成します。

slider = uislider('Limits',[-237 237],'Value',7);

対話型のテスト ケースを作成し、スライダーの初期値を確認します。

tc = matlab.uitest.TestCase.forInteractiveUse;
tc.verifyEqual(slider.Value,7)
Verification passed.

2 つの値の間でスライダーをドラッグし、最終値を確認します。フレームワークでは任意の適合値に対するコンポーネントの操作が模倣されるため、許容誤差を使用してスライダーの実際の値と期待される値を比較するのがベスト プラクティスです。

val = 26.75;
tc.drag(slider,-val,val)
tc.verifyEqual(slider.Value,val,'AbsTol',0.1)
Verification passed.
R2018a で導入