Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

matlab.uitest.unlock

アプリ テスト フレームワークでロックされた Figure のロック解除

説明

matlab.uitest.unlock(fig) は、アプリ テスト フレームワークでロックされた Figure をロック解除し、Figure コンポーネントを操作できるようにします。

すべて折りたたむ

matlab.uitest.TestCase から派生して keyboard ステートメントを含むクラスベースのユニット テストを作成します。

classdef SimpleUITest < matlab.uitest.TestCase
    methods (Test)
        function test1(testCase)
            fig = uifigure;
            testCase.addTeardown(@delete,fig);
            button = uibutton(fig);
            keyboard;
        end
    end
end

テストを実行します。MATLAB®keyboard コマンドでデバッグ モードになります。Figure がロックされ、ボタンを対話的に押すことができなくなります。

runtests('SimpleUITest')

デバッグ モードの間に Figure のロックを解除します。ボタンを操作できるようになります。

K>> matlab.uitest.unlock(fig);

テストの実行を続けます。テストが完了し、破棄する際に Figure が閉じられます。

K>> dbcont

入力引数

すべて折りたたむ

ロックを解除する Figure。Figure ハンドルまたは Figure ハンドルの配列として指定します。Figure ハンドルは、それぞれ関数 uifigure で作成される Figure に対応していなければなりません。

例: fh

例: [fh1 fh2]

データ型: matlab.ui.Figure

R2018a で導入