Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

type

クラス: matlab.uitest.TestCase
パッケージ: matlab.uitest

UI コンポーネントへの入力

構文

type(testcase,comp,value)

説明

type(testcase,comp,value) は、comp UI コンポーネントに value を入力します。

入力引数

すべて展開する

テスト ケースのインスタンス。matlab.uitest.TestCase オブジェクトとして指定します。

テストで入力するコンポーネント。入力動作をサポートする UI コンポーネント オブジェクトとして指定します。入力動作をサポートするコンポーネントには、編集フィールドやテキスト エリアなどがあります。

サポートされるコンポーネント一般的な作成関数
日付ピッカーuidatepicker
ドロップ ダウンuidropdown
編集フィールド (数値、テキスト)uieditfield
スピナーuispinner
テキスト エリアuitextarea

コンポーネントに入力する値。value のデータ型はテスト対象のコンポーネントのタイプに依存します。たとえば、comp がスピナーの場合は、value を数値として指定します。comp がテキスト エリアの場合は、value を文字ベクトルまたは string として指定します。

すべて展開する

テキスト編集フィールドを作成します。

ed = uieditfield('Value','Hello')

対話型のテスト ケースを作成し、初期値を確認します。

tc = matlab.uitest.TestCase.forInteractiveUse;
tc.verifyEqual(ed.Value,'Hello')
Verification passed.

編集フィールドに "Goodbye" という語句を入力し、新しい値を確認します。

value = 'Goodbye';
tc.type(ed,value)
tc.verifyEqual(ed.Value,value)
Verification passed.

編集可能なドロップダウン リストを作成します。

dropdown = uidropdown('Editable','on');

対話型のテスト ケースを作成し、ドロップダウン リストにカスタム項目を追加します。

tc = matlab.uitest.TestCase.forInteractiveUse;
tc.type(dropdown,'Custom Item')

新しい値を確認します。

tc.verifyEqual(dropdown.Value,'Custom Item')
Verification passed.
R2018a で導入